芸能

「水ダウ」がまたBPO案件?“大食いマラソン”のムチャ企画に非難轟轟!

 9月16日に放送された「水曜日のダウンタウン」の内容が「あまりにも酷い!」と、ネット上で物議をかもしている。

 この日、番組では恒例の“ミックスルール対決”を放送。軽トラックの荷台に寿司カウンターを搭載し、追いかけながら寿司を食う大食いマラソンが実施された。

「ロケ当日、気温38度の炎天下の中、400mトラックを延々と走りながら20秒に1貫握られる寿司を食べ続けるという企画で、決勝では、猫ひろし、森渉、ジャイアント白田らが“魔女”こと菅原初代と対戦しました。しかし、「ちょっと息が切れてしまって」「もう全部しんどいです!」などの悲鳴とともに次々と参加者が脱落。結局、残ったのは白田と菅原でした。しかし、白田は40貫目を食べたところで足が止まり失格に。最後は56歳とは思えないパワーを見せつけた菅原が優勝したのですが、あまりのむちゃぶりに放送を見て違和感を覚えた視聴者は多かったようです」(エンタメ誌記者)

 ネット上では「また水ダウがやってくれたな。そもそも走りながら寿司くうんじゃねーよ!」「ただの大食いが飽きられてきたからだろうけど、今度は走りながらか。マジでくだらないし、そこまでして大食いチャレンジする必要ある?」「これ、一歩間違ったら熱中症や窒息もあるだろ。事故が起きたらどうするつもりなんだよ」「これって下手したら人命に関わるよね。視聴率稼ぐためならなんでもありかよ」など、非難の声が殺到している。

 これまでも、たびたび炎上している「水ダウ」。相変わらず “BPO要警戒番組” であることは間違いないようだ。(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」