スポーツ

落合博満、井端弘和が「痛恨失敗」から開眼した「オレ流アドバイス」真骨頂!

 2004年から8年間、中日ドラゴンズで監督として采配を振るった落合博満氏。全てのシーズンでAクラス入りし、4度のリーグ優勝、日本一にも1度輝くなど、まさに名将である。

 寡黙で感情を表に出さない姿は、第2次政権として01年まで監督を務めていた猛将、星野仙一氏(故人)とは一線を画した印象が強い。そんな落合監督が当時、ドラゴンズの選手だった井端弘和を開眼させた意外な〈オレ流アドバイス〉について明かされる番組があった。

 チャンネル概要欄いわく、〈野球好きによる野球好きのための野球応援チャンネル〉として2018年に開設されたYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席~イージーパイ~〉、7月29日投稿の〈【イバTVコラボ】井端弘和さんが語る、落合博満・監督編!名将が起こした事件!中日ドラゴンズの強さの秘密とは!?【プロ野球】〉がそれだ。

 練習は厳しかったと振り返った井端だが、他の選手より秀でたものを身に着けておけば解雇はなかったと言う。選手全員が一芸に優れようと、まずは自信があるものを伸ばそうと前向きな気持ちで落合政権は始まったようで、結果、1年目に解雇された選手はいなかったようだ。そして落合監督の〈オレ流アドバイス〉に話は移った…。

 井端がノーアウトランナー1塁で引っ張ってのサードゴロでダブルプレーを取られてしまった試合の翌日、新聞に「今日の収穫はあのダブルプレー」と落合監督のコメントが掲載されていたそうだ。落合監督に訊ねれば、井端は追い込まれると流し打ちにいく傾向があったそうで、たまには引っ張って相手バッテリーを困らせないといけないと忠告を受け、実際にその日の試合では引っ張ってヒットを打てたと喜びを明かしたのだった。

 この、落合監督らしい〈オレ流語録〉が飛び出した07年はドラゴンズが日本一に輝いた年である。ノリにノッていた落合監督の鋭い観察眼だったというわけだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”