スポーツ

落合博満、井端弘和が「痛恨失敗」から開眼した「オレ流アドバイス」真骨頂!

 2004年から8年間、中日ドラゴンズで監督として采配を振るった落合博満氏。全てのシーズンでAクラス入りし、4度のリーグ優勝、日本一にも1度輝くなど、まさに名将である。

 寡黙で感情を表に出さない姿は、第2次政権として01年まで監督を務めていた猛将、星野仙一氏(故人)とは一線を画した印象が強い。そんな落合監督が当時、ドラゴンズの選手だった井端弘和を開眼させた意外な〈オレ流アドバイス〉について明かされる番組があった。

 チャンネル概要欄いわく、〈野球好きによる野球好きのための野球応援チャンネル〉として2018年に開設されたYouTubeチャンネル〈こちら野球放送席~イージーパイ~〉、7月29日投稿の〈【イバTVコラボ】井端弘和さんが語る、落合博満・監督編!名将が起こした事件!中日ドラゴンズの強さの秘密とは!?【プロ野球】〉がそれだ。

 練習は厳しかったと振り返った井端だが、他の選手より秀でたものを身に着けておけば解雇はなかったと言う。選手全員が一芸に優れようと、まずは自信があるものを伸ばそうと前向きな気持ちで落合政権は始まったようで、結果、1年目に解雇された選手はいなかったようだ。そして落合監督の〈オレ流アドバイス〉に話は移った…。

 井端がノーアウトランナー1塁で引っ張ってのサードゴロでダブルプレーを取られてしまった試合の翌日、新聞に「今日の収穫はあのダブルプレー」と落合監督のコメントが掲載されていたそうだ。落合監督に訊ねれば、井端は追い込まれると流し打ちにいく傾向があったそうで、たまには引っ張って相手バッテリーを困らせないといけないと忠告を受け、実際にその日の試合では引っ張ってヒットを打てたと喜びを明かしたのだった。

 この、落合監督らしい〈オレ流語録〉が飛び出した07年はドラゴンズが日本一に輝いた年である。ノリにノッていた落合監督の鋭い観察眼だったというわけだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪