芸能

堀江しのぶから大原優乃へ…「グラドル第七世代」までの系譜を紐解く!

 雑誌のみならず、テレビやDVDなど幅広い活躍を見せるグラドル。そのスタートは、昭和から平成へと元号が変わった頃、軒並み誌面を飾った堀江しのぶに端を発する。それからおよそ30年を経て、奇しくもグラドル界もお笑い界と時を同じくして今、「第七世代」を迎えているというのだ。

「堀江しのぶ、そして、その後輩にあたるかとうれいこ、細川ふみえが第一世代に当たると言えるでしょう。皆、野田義治社長が創設した『イエローキャブ』所属でした。さらに後輩の雛形あきこが第二世代をけん引します。同じくグラビアで大人気となり、バラエティでも長く活躍し続けている“ホリプロ初のグラドル”優香も、第二世代の代表でしょう」(週刊誌記者)

 順風満帆だったグラビア界に、やがて抗えない時代の流れがやってくる。それが第五世代を襲った「AKB48」だ。

「週刊誌、漫画誌の表紙、グラビアに、AKB48やその系列グループメンバーが大挙して押し寄せてきたのです。AKBと同世代のグラドルたちが戦場を失う中、独自路線でそんなグラビア界に風穴を開ける者もいました。艶路線を追求した壇蜜です。そこから『2番目の女』枠が成立し、橋本マナミが台頭するのです」(芸能ライター)

 2018年の「AKB選抜総選挙」終了を契機に、グラビア界には再び活気が訪れる。

「令和となった今、グラビア界を席巻しているのが、浅川梨奈や大原優乃といったグループアイドルからの水着進出。そして、正統派グラドルとしての沢口愛華、寺本莉緒。また、別ジャンルであるコスプレイヤーから、えなこ、伊織もえ、火将ロシエルなどもグラビアに登場。この活気づく今が、まさに第七世代にあたるのです」(前出・週刊誌記者)

 現在発売中の「アサ芸シークレットVol.66」では、各世代の特徴と代表グラドルを完全詳解。懐かしく、そして新しいグラドルの系譜をぜひご覧あれ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…