芸能

「半沢直樹」大和田スピンオフと“続編”の現実味?

世帯平均視聴率で全話20%超えを達成。“令和ナンバー1ドラマ”の称号を獲得した、堺雅人主演の日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)。9月27日に放送された最終回では、世帯平均視聴率32.7%の大記録を打ち立てて大円団を迎えた。

 放送終了直後から“半沢ロス”が叫ばれるなか、香川照之演じる大和田暁を主役にしたスピンオフ企画が密かに進んでいると、10月6日に配信された「週刊女性PRIME」が報じ、ファンの熱い注目を集めている。

 9月30日に開かれたTBS社長定例会見の席では、「半沢直樹」の続編の可能性について、瀬戸口克陽編成局長が「スタッフ、キャスト含め全力を出し尽くした。そういう意味では(続編は)考えておりません」とTBSサイドは続編の制作を否定してみせたが…。

「しかし、平成、令和にまたがる大ヒット作をTBSの上層部も逃したくない。そこで、今シリーズで愛されキャラに成長した香川演じる大和田を主人公とするスピンオフ企画が進行しているというわけです。こちらも視聴率20%を狙えるコンテンツではないでしょうか」(芸能ライター)

さらに、TBSはスピンオフだけで「半沢直樹」を終わらせるつもりはないようだ。

「今のタイミングで『半沢』の続編を匂わせてしまったら、スピンオフ企画が盛り上がらない。ここは半沢ロスをあおるだけあおって、香川主演のスピンオフをヒットさせようということでしょう。また、『半沢』の演出を手掛ける福澤克雄監督は前作の大ヒット後、取材に答えて『半沢の人生は、テレビにいちばん合っている“成り上がり”の物語』『まだ書かれていないが、半沢が頭取になるまで僕にやらせてくださいと当時、原作者の池井戸氏にお願いしています』とコメントしています。実現する可能性は十分にあります」(女性誌記者)

 まだまだ半沢の活躍を楽しめそう!?(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪