芸能

「半沢直樹」大和田スピンオフと“続編”の現実味?

世帯平均視聴率で全話20%超えを達成。“令和ナンバー1ドラマ”の称号を獲得した、堺雅人主演の日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)。9月27日に放送された最終回では、世帯平均視聴率32.7%の大記録を打ち立てて大円団を迎えた。

 放送終了直後から“半沢ロス”が叫ばれるなか、香川照之演じる大和田暁を主役にしたスピンオフ企画が密かに進んでいると、10月6日に配信された「週刊女性PRIME」が報じ、ファンの熱い注目を集めている。

 9月30日に開かれたTBS社長定例会見の席では、「半沢直樹」の続編の可能性について、瀬戸口克陽編成局長が「スタッフ、キャスト含め全力を出し尽くした。そういう意味では(続編は)考えておりません」とTBSサイドは続編の制作を否定してみせたが…。

「しかし、平成、令和にまたがる大ヒット作をTBSの上層部も逃したくない。そこで、今シリーズで愛されキャラに成長した香川演じる大和田を主人公とするスピンオフ企画が進行しているというわけです。こちらも視聴率20%を狙えるコンテンツではないでしょうか」(芸能ライター)

さらに、TBSはスピンオフだけで「半沢直樹」を終わらせるつもりはないようだ。

「今のタイミングで『半沢』の続編を匂わせてしまったら、スピンオフ企画が盛り上がらない。ここは半沢ロスをあおるだけあおって、香川主演のスピンオフをヒットさせようということでしょう。また、『半沢』の演出を手掛ける福澤克雄監督は前作の大ヒット後、取材に答えて『半沢の人生は、テレビにいちばん合っている“成り上がり”の物語』『まだ書かれていないが、半沢が頭取になるまで僕にやらせてくださいと当時、原作者の池井戸氏にお願いしています』とコメントしています。実現する可能性は十分にあります」(女性誌記者)

 まだまだ半沢の活躍を楽しめそう!?(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”