芸能

吉高由里子「新・魔性テク」でサンマを骨抜き(3)「コロナ太り」でバストが豊満に

 もっとも、近年磨きがかかっているのはテクだけではない。

 ドラマ「東京タラレバ娘2020」(10月7日放送・日テレ系)で、吉高のボディに釘づけになった視聴者は多かった。ウエディングドレス姿で走るシーンがあったのだが、その時に揺れるバストが「豊満すぎる」とネットを中心に話題となったのだ。

「吉高といえば、初主演映画にしてブレイクのきっかけとなった映画『蛇にピアス』(08年、ギャガ)でヌードを披露。決して巨乳ではなかった。それが、放送中の『危険なビーナス』においても、タイトスカート姿のムチムチぶりが目につきます」(芸能記者)

 一部では「コロナ太り」が指摘されている。酒も、食べることも「大好き」と公言しているが、自粛期間中は「家飲み」にシフトチェンジ。当時のツイッターには、ひとりで食べるには多すぎるお手製の料理やハイボールの写真がたびたびアップされていた。

 しかし、「『コロナ太り』は歓迎すべき」と、芸能デスクは力説。もろ手を挙げて賛辞を贈る。

「『蛇にピアス』の時はバランスのいい上品なエロスを感じる美乳ではありましたが、朝ドラヒロインを務めている頃から『少し膨らんだかな』という印象があった。確かに、最近はさらに迫力を増しています。しかし、映画『きみの瞳が──』の舞台挨拶を見るかぎり、スタイルのよさは相変わらずでした。たとえコロナ太りだったとしても、30歳を超えて、女性としていい意味で脂が乗ってきて、ますます女っぷりに磨きがかかったと受け取るべきです。ひょっとしたらすてきな恋でもしているのかもしれませんね」

 とはいえ、「さんまのまんま秋SP」では、最近の恋愛事情について「コロナのせいにできないくらい何もない」と嘆いてみせたが。芸能プロ幹部がこう見通す。

「吉高は仕事とプライベートの両立がうまいほうではない。3年間のブランクの時も、売れない頃から苦楽をともにしてきた女性マネージャーの退社や交際相手のロックバンド『RADWIMPS』の野田洋次郎(35)との破局が原因だったとも言われたぐらいです。最近では元カレの『関ジャニ∞』の大倉忠義(35)との復縁説がささやかれましたが、むしろ現在の吉高は仕事モード全開。男のプライオリティーは低いはず」

 ということは、もうしばらくは共演者やスタッフを「魔性テク」で幻惑してくれるということか。そして、観客のオトコたちもメロメロにしてくれるに違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像