芸能

内田理央の足つぼ動画が艶っぽさを超えた「喪失シーン」だと騒然!

 女優の内田理央が7月15日に自身のYouTubeチャンネル「だーりおCHANNEL」を開始。14万人超のチャンネル登録者数を集める中、9月16日に投稿した足つぼ体験動画が「ガチでヤバい!」として、公開から2カ月近く経った今でもジワジワと再生数を伸ばしているという。

「この『【大絶叫】嘘みたいに痛い足つぼに行ってきた!』と題した動画は、YouTubeでは定番と言えるマッサージ体験もの。ただ内田の場合は痛みにのたうち回る姿より、あえぎ声や反応があまりに艶っぽいとして男性ユーザーの注目を浴びています。コメント欄にも《いい声出すなあ》《おいおいこれいいのか!?》との絶賛が並んでおり、まさに“実用的な”動画と言えるでしょう」(芸能ライター)

 女性YouTuberが艶っぽさを売りにするケースは多々あるものの、女優として活躍する内田となれば話は別。しかもこの動画、見方によってはただの艶っぽさを超える妄想を掻き立ててくれるというのだ。

「ベッドの上で内田は『怖い、怖い』と怖気づきつつ、マッサージされるたびに『アー、キャッ、アン、ァン』となまめかしい声を連発。途中には泣き顔で『もう家、帰りたい…』と後悔の念を口にしつつ、その後は顔を手で覆いながら『ウウッ、ウウン』との声を漏らし、ささやくように『痛い…』との吐息を吐く様子はもはや、初の一戦を交える喪失シーンを想起させるのです。さらには内田の『どうしよう、ホントにヤバい、痛い』とのつぶやきに、院長が落ち着いた声で『力、まだ入ってないよ』と返すくだりはまさに女と男の会話そのもの。そういうシチュエーションだと思ってこの動画を見返すと、興奮度が高まること請け合いです」(前出・芸能ライター)

 この内容にはだーりおCHANNELで最高の76万回超再生(11月9日現在)を記録しているのも納得だ。もっともこれらの声や動きがすべて演技なのだとしたら、女優・内田理央、恐るべしなのかもしれない。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」