スポーツ

片岡篤史、06年引退時に声を掛けてくれた「あの頭脳派監督」を動画で初激白!

 プロ野球では、レギュラーシーズン終了とともにチラホラと聞こえ、いかなる選手にも平等に必ず訪れる「引退」の声。2007年にセ・リーグのシーズン最多となる46セーブを記録、19年シーズン終了時点における241セーブは現役最多セーブ記録保持者でもある阪神タイガースの藤川球児も例外ではなく、今シーズン限りの引退を表明している。

 しかし、そんな藤川を、水面下で獲得に向け声を掛けている球団は無いのだろうか?この人のYouTubeチャンネルを視聴して、そんな気にさせられた。

 日本ハムファイターズ、阪神タイガースで活躍した元プロ野球選手、片岡篤史氏である。YouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉、11月10日投稿回を観てみると、2006年のシーズンを限りに引退した片岡氏は、

「気力が萎えてくるよね。今までは打てなかったら悔しいとか、どうやって打ってやろうとか思うけど、明らかにオレの力が衰えてるな…」と当時の感覚を振り返り、引退を決意したと語った。

 しかし、そんな片岡氏に実は声を掛けた他球団の監督がいたそうだ。片岡氏が「初めて言うんやけど…」と口にしたその名前は、06、07年にヤクルトスワローズの監督を務めた古田敦也氏だった。

 古田氏の師匠、故・野村克也氏は、他では不要となった選手も活かす「再生工場」として有名だったが、古田氏にもその考えが受け継がれていたのだろう。片岡氏は、ヤクルトで活躍する自分の姿がイメージできなかったことから固辞したそうだが、「ヤクルト片岡想像できません」「ヤクルト片岡見たかったなぁ」と視聴者の反応は2つに割れていた。

 清原和博氏が名付けたとされる藤川の「火の玉ボール」。まだまだ見てみたい気もするが、読者諸兄の判断やいかに…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
警察出動!三浦友和・百恵夫妻が「右パンチに平手打ち」の大乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
新井恵理那、下半身もスゴイ!「“男好きボディ”を証明した」ピタピタ映像
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像