スポーツ

片岡篤史、06年引退時に声を掛けてくれた「あの頭脳派監督」を動画で初激白!

 プロ野球では、レギュラーシーズン終了とともにチラホラと聞こえ、いかなる選手にも平等に必ず訪れる「引退」の声。2007年にセ・リーグのシーズン最多となる46セーブを記録、19年シーズン終了時点における241セーブは現役最多セーブ記録保持者でもある阪神タイガースの藤川球児も例外ではなく、今シーズン限りの引退を表明している。

 しかし、そんな藤川を、水面下で獲得に向け声を掛けている球団は無いのだろうか?この人のYouTubeチャンネルを視聴して、そんな気にさせられた。

 日本ハムファイターズ、阪神タイガースで活躍した元プロ野球選手、片岡篤史氏である。YouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉、11月10日投稿回を観てみると、2006年のシーズンを限りに引退した片岡氏は、

「気力が萎えてくるよね。今までは打てなかったら悔しいとか、どうやって打ってやろうとか思うけど、明らかにオレの力が衰えてるな…」と当時の感覚を振り返り、引退を決意したと語った。

 しかし、そんな片岡氏に実は声を掛けた他球団の監督がいたそうだ。片岡氏が「初めて言うんやけど…」と口にしたその名前は、06、07年にヤクルトスワローズの監督を務めた古田敦也氏だった。

 古田氏の師匠、故・野村克也氏は、他では不要となった選手も活かす「再生工場」として有名だったが、古田氏にもその考えが受け継がれていたのだろう。片岡氏は、ヤクルトで活躍する自分の姿がイメージできなかったことから固辞したそうだが、「ヤクルト片岡想像できません」「ヤクルト片岡見たかったなぁ」と視聴者の反応は2つに割れていた。

 清原和博氏が名付けたとされる藤川の「火の玉ボール」。まだまだ見てみたい気もするが、読者諸兄の判断やいかに…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫