芸能

中村アン「全方位交遊術」の魔性(2)「そこそこいい容姿なので」

 中村がデビューしたのは09年。モデルからスタートして、グラビア界に進出していった。当時の中村は初々しく、初期の頃、グラビアの現場をともにしたスタッフも相好を崩して語る。

「まだ撮影に慣れてはいませんでしたが、警戒心、緊張感はなく、周囲にも気を遣ってくれて自然体でビキニでの撮影が進行しました。彼女の場合は、水着といっても扇情的なものではなく、健康美を前面に出せた」

 その後は「ランジェリークイーン」と呼ぶべきか、14年に「ワコール」のCMに登場すると、18年からは「ピーチ・ジョン」のイメージキャラクターを務めている。笑顔で色とりどりの下着を身に着けモデル業をこなしているが、健康美というイメージを前面に押し出していた。Eカップ、B82・W60・H86という抜群のプロポーションは女性の憧れとなっていく。

 そうした下地があってこそ、バラエティーやドラマに羽ばたいていったのであろう。民放局編成担当はこう驚いてみせる。

「正直、モデルとしてバラエティーで露出が増え始めた頃は、際立ったキャリアや実績があったわけでもなく、そもそも『髪は2~3日に一度しか洗わない』とか『歯を磨かなすぎて総入れ歯になった』など、毒舌の不潔キャラで売っていたくらいでした。それが今では、好感度の高い健康的美女の代名詞的な存在になった。芸能界広しといえども、ここまで大胆なイメージチェンジに成功したケースは珍しい。特筆すべきは、急に売れたり大幅なシフトチェンジをした場合、同業者などからやっかみの声が噴き出してくるものですが、彼女に関しては悪い噂をほとんど聞いたことがないです。天性の社交性の高さがあり、『愛され力』の持ち主なのかもしれません」

 その社交性の高さは、先の女優たちに対してばかりではなく、男性共演者にも発揮。分け隔てない全方位交遊なのだ。

「宮迫博之(50)や小籔千豊(47)、宮川大輔(48)など下積み時代からバラエティー番組で共演してきた芸人たちとは今でもプライベートで食事に行く仲です。デビュー当時は『そこそこいい容姿で生まれてきたので、どうせだったら芸能界で行けるところまで頑張ります』と話すなど、性格的にさばけた印象もありました。しかし、人間関係に関してはかなり縁を大切にし、人づきあいのいいタイプです。演者だけでなく、スタッフからの誘いにも気さくに応じますし、お酒が入ると、ますますノリがよくなってハグやボディタッチなどもするため『自分に好意があるのでは』『このまま口説けば落ちるんじゃないか』と勘違いされることもよくあるようです」(事務所関係者)

 そんな中村の天性のふるまいを本気にして、有頂天になってしまった男もいる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”