芸能

明石家さんまが明かしたMISIA“落馬骨折”完治への「秘策」

 歌手・MISIAが11月15日、TBS系ニュース番組「NEWS23」の取材中に、落馬により「胸椎棘突起(きょうついきょくとっき)部」を骨折し、全治6週間のケガを負った。

 MISIAが知的障害のある選手たちと乗馬しながら交流する姿を撮影。MISIAの騎乗する馬が突如スピードをあげたため落馬したそうだ。

 これにより開催が予定されていた12月5日の兵庫・神戸国際会館、翌6日の大阪・フェスティバルホールでチャリティライブ「So Special Christmas」の中止が決定。

 また5回目の出場が決まっている大みそかのNHK紅白に出演できるのか気になるところだが、NHKは19日、「ご出演いただけるよう、1日も早いご回復を願っております」とのコメントを発表し、降板などの検討などはしていないという。

 とはいえ、全治6週間は、紅白が行われる4日前にあたるだけに、本当に出られるのか危惧されるところ。ネット上でも「紅白楽しみにしてたけど無理に出なくていいです」「紅白どころか、今後歌手活動に影響出るんじゃないの?背骨なんて」などの声がみられたが、MISIAの“治療法”について、明石家さんまが21日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS)で触れていた。

「MISIAの落馬を聞いて驚いたさんまが(MISIAの事務所の)社長に連絡を入れたそうで、『早く治るやつ、ベッカムが治したとかいう酸素カプセルっていうのかな、それが(MISIAの)事務所にあるんで、そこで治療させて紅白には間に合うような…』と明かしていました」(芸能ライター)

 MISIAは23日、ニッポン放送「MISIAのオールナイトニッポン GOLD」にリモート出演、現在はコルセットをして静養しており「痛みは1週間過ぎてだいぶ楽にはなって、動けるようになってきました。お医者さんは3週間くらいで痛みは引くと言ってくれているので、お家で療養していきたいと思います」と伝え、来月19、20日に東京国際フォーラムで開催するクリスマスライブへの出演を目指していることを明かした。

 クリスマスが大丈夫なら紅白もいけると思われるが…。酸素カプセル効果にも期待したい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像