政治

森永卓郎の早わかり解説 橋下ハン、「大阪都」って庶民は儲かるんでっか!?(2)「大阪都」ではなく「橋下王国」

 まずは、役所のコスト削減から見てみよう。
「府市統合は日本の歴史上にない行政のムダ削減につながる」というのが橋下知事の主張だが、前出・牛山教授は真っ向から反論する。「市町村合併では役所の職員や議員の数は減りますが、今の大阪市を8~9の区に分ければ、例えば今まで大阪市では1人だった高齢者福祉課長が、その数だけ増えることになるわけですから、むしろコストは拡大する可能性が高い」
 1つに統合すると職員の数が逆に増えるという不思議な現象が起こるという。そればかりか、
「それら全てが大阪都知事の配下となり、ある意味、石原都知事のような五輪の開催地に立候補するなど、ド派手な権限を手に入れることになる」(前出・森永氏)
 カジノ誘致に関して、橋下知事はこれまでにも「大阪をもっと猥雑にするためにも、カジノをベイエリアに持ってくる」など、前のめりな発言で積極的誘致を示唆し、実際にマカオ、シンガポールなど海外のカジノ視察も重ねている。
「仮に『大阪都』ができても税収が増えるという根拠はありません、そこで“賭博税”で税収が増やせるカジノ構想を持ってきたわけです」(前出・吉富氏)
 では、そのカジノ構想は現実味のある話なのか。吉富氏は、
「カジノは法律の改正が必要なので実現のハードルは高い。それに、大阪に誘致するための大規模な土地もありません。また、リニアについても確かにJRの計画はあるが、それも30~40年後の話です。はたしてそれまでに関空が地盤沈下に耐えられるかどうか」
 と、カジノ誘致どころか、橋下知事が「関空と梅田を8分で結ぶ」とする“関空リニア計画”にまで疑問を投げかける。これに同調するのが前出の森永氏だ。
「カジノに関しては石原都知事も積極的だったけど、なかなか実現にたどりつかなかっただけに難しい気がします。関空リニアにしても超高速だけに、曲がった路線は敷けない。海の上でも走らせるのか、少なくとも梅田中心部にはまっすぐの土地は空いていません」
 と、完全否定するのだ。さらにこう続ける。
「周りと調整して物事を進める平松さんに対し、橋下さんは独裁者タイプ。発展途上国では独裁者によって景気が上向くことはよくあることなんです。例えば、権利関係がゴチャゴチャの大阪の地下鉄の再編に関しては、むしろ『大阪都』のほうが向いているかもしれません。だからといって、大阪が独裁でいい、という問題ではありませんが」
 今年4月の統一地方選、「大阪維新の会」の春の陣直前には雑誌のインタビューで「政治的に必要なのは民主的独裁」と語っていたのは、当の橋下知事だった。「そもそも橋下さんに大阪都で儲かるかどうかという発想は、まったくないと思いますよ。橋下さんは大阪を自分の考える姿に変えるために、3億円もの年収を放棄して出馬した。ところが、いざ大阪府知事になってみると、政令指定都市の大阪市が物凄い権限を持っていて、自由にならない。それが『大阪都構想』の原点なんだと思います。だから『大阪都』と言うとわかりにくい。『橋下王国』を作るんだと言ったほうが正確なんではないかと思う。橋下独裁体制を築くための道具が『大阪都』なんだと思います」(前出・森永氏)
 そもそも、府が都に化けるという大技は実現できるのだろうか。
 前出・牛山教授が説明する。
「国民的なコンセンサスを得て、地方自治法を改正することが必要です。その場合、全国19の政令指定都市の動向も影響してきます。横浜市、川崎市などは県から独立する特別市を検討しており、大阪だけの話では済まないと思います」
 地盤沈下する大阪経済を背負った橋下イズムの突破力が試されるところだ。

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し