女子アナ

フジ久慈暁子、退社報道で“しゃべり”ではなく“極小水着”披露に期待大!

 12月16日、「文春オンライン」に来春でフジテレを退社する意向であることが報じられた、久慈暁子アナ。

 久慈アナは2017年にフジに入社し、同年10月からは「めざましテレビ」でスポーツキャスターなどを担当。19年4月からは「めざましテレビ」のメインキャスターを務めるなど異例の早さで重要ポストに抜擢され、時期エースアナとしての期待も高かった。

「しかし記事によれば、久慈アナはまさにエースが務める『めざましテレビ』のメインを狙っていたものの、今年3月に1年後輩で同じ青山学院大学出身の井上清華アナがその座に就いたことにより、退社を決意。その後は芸能事務所に所属し、モデルやタレントとしての活動を希望しているといいます」(女子アナウオッチャー)

 女子アナをやめてタレントとなれば、真っ先にバラエティ番組への出演が思い浮かぶが、久慈アナの場合、フリーの“しゃべり”となると視聴者のウケがあまりよくないという。

「18年の平昌五輪でフィギュアスケートの羽生結弦が連覇を果たした記者会見では『ご自身の競技以外で印象に残っていることを伺いたいのですが、他の競技の観戦についてや、おいしかった料理を教えてください』と、とんちんかんな質問をして回答を拒否されるなど、女子アナファンの間でさえ“口を開くと残念なタイプ”として有名。さすがにバラエティでは厳しいでしょうし、大炎上を招きかねません」(前出・女子アナウオッチャー)

 そのためこんな話も。

「彼女は大学入学直後にスカウトされ芸能界入りし、『non-noモデルオーディション』でグランプリに選ばれ専属モデルを務めるなど、その容姿は文句のつけどころがありません。バストはそこまで大きくはありませんが、色白のスレンダーボディで、ウエストのクビレ具合も抜群。モデル時代は布地部分がかなり小さい水着もこなしていたことから、再び大胆な姿を見せてほしいものですね」(前出・女子アナウオッチャー)

 いずれにせよ、来年の久慈アナから目が離せない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白