芸能

懐かしの韓流美女があの人気ドラマをパクっ!

 腰振りダンスで一世を風靡したKARAがメンバー分裂騒動にあるなどのニュースも話題にもならないほどすでに日本ではKポップブームは下火の域。

 ところが、かの地のテレビでは目下“日本製ドラマ”が大ブームなのだという。

「今年4月にKBSで放送された『職場の神』は上司にタンカを切る派遣社員が主役、日本では篠原涼子の主演で大ヒットした『ハケンの品格』のリメイク版でした。他にも、『女王の教室』や『愛なんていらねえよ、夏』など今年だけで3本の和製ドラマが放送されている。視聴者がかつての『冬ソナ』のような恋愛ものだけでは飽き足らなくなってきており、日本発の緻密な脚本のドラマに意欲的に取り入れるようになった」(韓国メディア関係者)

 そして、今秋9月からSBSで放送が始まったのが「怪しい家政婦」。

「いわずと知れた『家政婦のミタ』のリメイクです。大ヒットした和製ドラマのタイトルをちょっとだけ変えるのが韓流の常識なのです。『それは命令ですか?』とロボットのように言い放つ家政婦はかつての恋愛ドラマの女王・チェ・ジウ(38)。が松嶋菜々子ばりに無表情演技をしているが、視聴率はずっと1ケタ台と低滑空しています」(前出・韓国メディア関係者)

 全20話のドラマは笑顔の最終回までたどり着ける?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意