社会

“なにわのブラックジャック”「腰痛治療の無限ループ」から脱出する方法(1)対話で生まれる治療法

20131017k

 少しよくなったと思ったら、またすぐに痛みだし、いつまでたっても完治しない腰痛──。そもそも腰痛に完治ってあるのか? それがあるんです。腰痛専門医で、“なにわのブラックジャック”の異名を持つ「伊東くりにっく」院長が、腰痛治療の真実を明かす。

 腰痛は現代人の多くが抱える悩みの一つだ。世界的に見ても日本は腰痛大国で、生涯を通して8割以上の人が一度は腰痛を経験するという。今春報告された厚生労働省の調査でも、腰痛を抱える人は全国で2800万人、40~60代の約4割が悩んでいるのである。

 病院に通う患者さんも実に多いが、いつまでたっても完治しない。少しよくなったと思ったら、またすぐに痛みだす‥‥。いわゆる腰痛における無限ループ。

 そんなやっかいな悩みを持つ人必見の書、「腰痛は医者の言葉を信じるな!」(ワニブックス)が9月27日に出版された。著者は腰痛専門医「伊東くりにっく」院長の伊東信久氏だ。

“なにわのブラックジャック”の異名を持ち、衆議院議員でもある伊東院長をさっそく訪ねた。

「以前は前髪が長くてね、それで患者さんから自然発生的にブラックジャックと呼ばれるようになりました(笑)。医師会に所属せず、自費診療で手術するのも同じ。ただ、違いはピノコがいないことと医師免許を持ってることですけどね」

 応接室で会った伊東院長は開口一番、そう言って笑った。

 著作には「腰痛が『完治した!』と聞かないのは、なぜか?」「腰痛医が教える、信頼できる病院、できない病院」「マッサージ、鍼灸、電気治療で治すことができるのか」「腰痛を治したければ『やめなさい』。痛みを遠ざける生活のススメ」「腰痛治療の無限ループから脱却するための手引き」など、腰痛治療の知られざる「新常識」がつづられ、腰痛治療の最善策が明かされている。

おいしい料理店とか評判のいい美容室とか、全て人ありきでしょ。医者も同じ、治すのは人です。医療技術とコミュニケーション能力、この両方のバランスが大事なんです。外科医であれば、職人としての腕、経験値や知識はもちろんですが、患者さんとの対話でどれだけきちんと返せるか。医者は『あれ?』と思ったことはやらず、ごまかしますからね」

 国会議員になったのも医療改革をやりたいという思いからだが──、

「僕は医者に批判的な意見ばかり言ってますから、他の医者からは疎まれていますけどね(笑)」

 伊東院長によれば、まずは「信頼できる病院選びから始める」こと。飲食店と同じで、掃除が行き届いているか、トイレはキレイかなど、“見た目”からも判断できるし、経営難の病院より儲かっている病院を選ぶべきだという。

「僕は、患者さんを待たすんですよ。1人の患者さんと接する時間が長いから。それでも、予約がどんどん入る。待たせるのが申し訳ないので、待合室のソファもキレイにして、寝転がれるようにしたんです」

 院内を見渡すと、確かに内装なども含めて、患者本位に造られていた。

◆プロフィール 伊東 信久(いとう のぶひさ)1964年生まれ。整形外科医。神戸大学医学部、大阪市立大学大学院医学研究科卒業。伊東くりにっく院長。「Dr.イトー」の愛称を持つ。日本維新の会所属の衆議院議員でもある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合