芸能

みのもんた、「出馬要請の過去激白」&憤怒熱弁に垣間見えた“政界進出の意欲”

 今年3月末に12年半続いた「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)の司会を降板した理由がパーキンソン病だったことを明かしたり、35歳の銀座ホステスに億ションを贈ったことが報じられたり、このところ何かと話題になることが多い、みのもんた。

 そんなみのが現在、唯一レギュラー出演している関西ローカル「朝からみのもんた」(読売テレビ系)で、 過去にあった政界進出の話や自身の政治改革論を明か している。

 12月6日に放送された同番組では、大阪の“おっちゃん”たちに街角インタビューを実施。その中の1人が「勝手に年金からボンボン引いて、年金少ないのに介護保険ボーン上がって。もう少し介護保険を安くしてほしい」と訴え、みのに「国会に立候補して出てください。衆議院でも参議院でもどっちでもええから」と、お願いした。

 それを受け、みのは「ボクね、ここだけの話、日曜の朝だから言いますけど、2回ほどありましたよ。話が」と、かつて国会議員への出馬要請があったことを告白。しかし、「一笑に付しましたね」と即座に断ったそうで、「お話いただいた時に最初、真に受けましてね。 ボクに国会議員になってほしいのかなって思ったの。そしたら、数合わせで出てほしいって。それがわかった途端、ふざけるなと思いましたね」と語った。

 さらに政治の話に力が入ってきたようで、「だいたいね、国会議員が多すぎる。私から言わせれば。今の国会議員は半分にしてもいいと思う」と主張。「あと衆議院と参議院の違いが本当はあるはず。それがなんとなく衆議院のほうが参議院より格が上に思う人がいる」としたうえで、「参議院の場合、特にね、知名度ね。それで票を集めようって方向に走り始めちゃった。タレント議員が増えちゃった」と持論を展開。「パーティーパーティーパーティー…、カネカネカネ…。夫婦でなんか選挙違反やってるようなやつが出てきたり、たまりませんよ! なんだと思ってるの!」と怒りをぶちまけた。

 これだけ熱弁をふるうところをみると、立候補への意欲はあるのかも!? ともあれ、何だかんだ言って、まだまだ元気なみのであった。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる