芸能

柴咲コウ、「35歳の少女」第8話で聞こえてきた視聴者の「安心」「不安」の声

 11月28日放送の第8話で、やっと心が35歳の肉体にフィットしてきた「35歳の少女」(日本テレビ系)で柴咲コウが演じるヒロインの望美。

 不慮の事故で25年間眠り続け、「体は35歳、心は10歳」として目覚め、戸惑いながらもこれまでは前向きに生きてきたのだが、この日の放送でキャラが豹変。これまでは周囲の人々の笑顔のために行動する明るく素直なキャラだったのだが、母親(鈴木保奈美)や初恋の相手である結人(坂口健太郎)の前からこつ然と姿を消し、連絡がつかない状態に。望美はマンションの一室で暇を持て余した人から時間を買い取り、時間が足りない人のために使ってもらうという新ビジネスをユーチューブで展開。家事、親の介護、近所づきあいから雑務までを、提供する人と受け取る人とを結びつけて大成功。その様子を動画投稿して爆発的な再生回数を叩き出し、大金持ちになっていたのだ。

「ネット上では、やっと体と心の年齢が合致した望美に安心する声と、愛していたはずの結人(坂口)に対して『私たちはさよならを言うために出会ったの』と、アメリカ映画『陽のあたる場所』の名ゼリフを引用して別れを告げた、冷徹キャラに豹変した望美に不安の声があがっています。また、汗水を流さずに大金を得る方法や時間までもが売買やレンタルできる現代社会の現実が端的に描かれていたため『内容がシリアスでヘビー』『このドラマ見るとぐったりする』『視聴率が伸びないのは何かをしながら見ていられるような軽さがないからだろうな』といった声もあがっています」(女性誌記者)

 10歳の心を持った望美の成長物語であるこのドラマ。事故に遭った1995年から2020年までの社会変化も描かれているため、身につまされる思いがする視聴者も多いかもしれない。第9話(12月5日放送)でさらに物語は注目すべき展開となり、12月11日で最終回を迎えるが、はたして視聴者からはどんな反響があるだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!