芸能

渡部建の会見で噴出した「なぜ“1万円”だったワケを聞かない?」の不満声

 12月3日に行われたアンジャッシュ・渡部建の記者会見。渡部を取り囲んだレポーターによる「糾弾」「つるし上げ」のような印象を与えたためか、ネット生中継を見守った視聴者からは不満の声が目立っている。その中で、去る芸能ライターは、会見での、これまで報じられていない“残念ポイント”についてこう話す。

「なぜ1万円を払ったのかという、不貞相手の女性に“お金を払った”意味を聞くニュアンスの質問はありましたが、“なぜ1万円という金額だったのか?”を聞く質問はありませんでした。渡部を取り囲んでいたのは女性レポーターばかりだったので、そこは仕方ないところかもしれませんが、男性視聴者は知りたかったんじゃないですか」

 渡部自身は、不貞について、発覚直後の今年6月に発売された週刊文春のインタビューで、「安全な遊び」と表現していたことでも炎上していたが、一方で「1万円」という金額については、それなりの性的サービス店で「遊ぶ」にしても少なすぎるというのが男性にとっては常識かもしれない。

 相手が素人女性だからそれくらいでいいと思ったのか、それともグルメらしく一回分の食事代相当ということなのかなどと思って会見を見ていた男性は少なくないはず。さすがにそこまであけすけな答えまでは期待しないまでも、もう少し1万円という額の意味について聞いてほしいというワケだ。

「同じ不貞行為でも高級ホテルに相手を呼び、毎回10万円でも渡していれば、少なくとも世間から《気持ち悪い》と言われることはなかったのではないでしょうか。せっかく渡部本人に直撃できるのですから、少しでもディテールに迫ってほしいと思いましたよ」(前出・芸能ライター)

 こんな意見も出るほどまでに、渡部の長時間の会見は視聴者に「中身のなさ」を印象づける結果となってしまったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは