芸能

広瀬アリス、「現場で引っ張りだこ」実力の裏に「下腹部ナメ絶頂シーン」あった!

 出演したドラマはヒットを連発。今、広瀬アリス人気が急上昇している。

 12月10日に放送された「7人の秘書」(テレビ朝日系/主演・木村文乃)は、最終回に16.7%で最高を更新。ほかにも、今年の冬ドラマ「トップナイフ」(日本テレビ系/主演・天海祐希)は全話平均11.3%、19年の春ドラマ「ラジエーションハウス」(フジテレビ系/主演・窪田正孝)は全話平均12.2%、18年春ドラマ「正義のセ」(日テレ系/吉高由里子)は9.8%といずれも高視聴率を記録している。

 アリスを知る制作スタッフはこう話す。

「アリスが2番手、3番手で出演するドラマは必ず数字が良くて、使いたがるプロデュサーや監督は多い。業界内で『隠れ視聴率女王』と呼ばれ、縁起がいいので毎回のようにキャスティングに名前が挙がります」

 そんなアリスにはかつて映画で、「艶技」で魅了した体当たりベッドシーンがあった─。

 アリス演じる古着屋のショップ店員・本津あかりが自宅のベッド寝ていると、以前、酔っ払った帰り道に偶然出会い、そのまま一夜をともにしたサラリーマンの矢々田(笠原秀幸)から電話が掛かってきた。

「今から行っていい?」

 急な誘いにあかりは少し間を置いて、「いいよ」と返答する。それからリビングに移動し、部屋着のジャージとピンクのTシャツを脱ぐと、胸用の肌着をつけていない姿のアリスの大胆な背中の肌見せがあらわに。透き通るような白い肌にほどよくついた肉付きのいい背中は、それだけで見応え十分な色香を醸しだしている。

 あかりは白いTシャツとショーパンに着替えると、キッチンでワンタンスープを作って男を待っていた。

 部屋のチャイムが鳴り、玄関のドアを開けると、男は靴も脱がずにあかりにキスをする。そして、そのまま「ちょっと待って」という戸惑いの言葉を無視して、Tシャツを脱がせてギュッと抱きしめた。

「これは18年9月に公開された小泉今日子主演の映画『食べる女』でアリスが演じたカラミです。この後、場面はベッドのシーンに変わり、男がアリスの下腹部に顔を埋め、愛撫するなど、エスカレートしていきます」(映画ライター)

 その後の気になる展開について、12月15日発売の「アサヒ芸能」12月24日特大号で特集され、そのほかにもアリスのドラマに引っ張りだこの様子なども紹介している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来