芸能

広瀬アリス、「現場で引っ張りだこ」実力の裏に「下腹部ナメ絶頂シーン」あった!

 出演したドラマはヒットを連発。今、広瀬アリス人気が急上昇している。

 12月10日に放送された「7人の秘書」(テレビ朝日系/主演・木村文乃)は、最終回に16.7%で最高を更新。ほかにも、今年の冬ドラマ「トップナイフ」(日本テレビ系/主演・天海祐希)は全話平均11.3%、19年の春ドラマ「ラジエーションハウス」(フジテレビ系/主演・窪田正孝)は全話平均12.2%、18年春ドラマ「正義のセ」(日テレ系/吉高由里子)は9.8%といずれも高視聴率を記録している。

 アリスを知る制作スタッフはこう話す。

「アリスが2番手、3番手で出演するドラマは必ず数字が良くて、使いたがるプロデュサーや監督は多い。業界内で『隠れ視聴率女王』と呼ばれ、縁起がいいので毎回のようにキャスティングに名前が挙がります」

 そんなアリスにはかつて映画で、「艶技」で魅了した体当たりベッドシーンがあった─。

 アリス演じる古着屋のショップ店員・本津あかりが自宅のベッド寝ていると、以前、酔っ払った帰り道に偶然出会い、そのまま一夜をともにしたサラリーマンの矢々田(笠原秀幸)から電話が掛かってきた。

「今から行っていい?」

 急な誘いにあかりは少し間を置いて、「いいよ」と返答する。それからリビングに移動し、部屋着のジャージとピンクのTシャツを脱ぐと、胸用の肌着をつけていない姿のアリスの大胆な背中の肌見せがあらわに。透き通るような白い肌にほどよくついた肉付きのいい背中は、それだけで見応え十分な色香を醸しだしている。

 あかりは白いTシャツとショーパンに着替えると、キッチンでワンタンスープを作って男を待っていた。

 部屋のチャイムが鳴り、玄関のドアを開けると、男は靴も脱がずにあかりにキスをする。そして、そのまま「ちょっと待って」という戸惑いの言葉を無視して、Tシャツを脱がせてギュッと抱きしめた。

「これは18年9月に公開された小泉今日子主演の映画『食べる女』でアリスが演じたカラミです。この後、場面はベッドのシーンに変わり、男がアリスの下腹部に顔を埋め、愛撫するなど、エスカレートしていきます」(映画ライター)

 その後の気になる展開について、12月15日発売の「アサヒ芸能」12月24日特大号で特集され、そのほかにもアリスのドラマに引っ張りだこの様子なども紹介している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ