芸能

インリン、夜の台北でミニ丈スカートサンタコス「大胆肌見せ」に歓喜の声!

「M字開脚」の斬新な艶ポーズで1990年代後半から2000年代前半頃まで日本の芸能界で活躍した、タレントのインリン(旧芸名:インリン・オブ・ジョイトイ)。

 現在は故郷である台湾在住のインリンが、みずからのYouTubeチャンネル〈インリンちゃんねる〉で、ミニ丈スカートのサンタ衣装となり、かつて自称した“艶っぽいテロリスト”を彷彿とさせるような色香漂う姿を披露したのだった。

 12月21日に〈台北路地裏Xmasイルミネーションがステキ♪~インリンサンタが日本のお菓子を子供たちに配る!〉と、タイトルをつけた投稿回を観てみよう。

 日本好きが多いと言う台湾人に、日本のお菓子を配って歩こうという内容で、台北の夜の住宅街にサンタの衣装で現れたインリン。住宅街と紹介されたが、日本では想像もつかないほど眩しいイルミネーションの数々で、まるで夢の国のようだった。

 比較的、年中穏やかな気候の台北とは言え、街を歩く人は日本同様、ダウンジャケットを羽織るなど完全防寒なのだが、インリンのその姿は上半身が肩、ワキ、胸元から背中まで大胆に開いた衣装で、下半身はミニスカから太ももがのぞくサービス精神旺盛の艶衣装だったことから、〈インリンさん、超可愛!!!!サンタ的コスプレ、好好好!!!!!〉〈インリンさんまだまだ現役ですね〉〈この歳で、こう言うコスプレが似合うって、どういうこと?〉さらにはインリンのサンタコスを最高とホメた後に〈お子さんが沢山居るようにはとても見えません(笑)〉と44歳を迎えた3児の母とは思えぬ妖艶なインリンの姿に視聴者から絶賛のコメントが届いたのだった。

 この企画は「1日限り」のようなのだが、こんな艶やかなインリンサンタなら、ぜひとも来年はもっと期間を増やした形でお願いしたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」