芸能

インリン、夜の台北でミニ丈スカートサンタコス「大胆肌見せ」に歓喜の声!

「M字開脚」の斬新な艶ポーズで1990年代後半から2000年代前半頃まで日本の芸能界で活躍した、タレントのインリン(旧芸名:インリン・オブ・ジョイトイ)。

 現在は故郷である台湾在住のインリンが、みずからのYouTubeチャンネル〈インリンちゃんねる〉で、ミニ丈スカートのサンタ衣装となり、かつて自称した“艶っぽいテロリスト”を彷彿とさせるような色香漂う姿を披露したのだった。

 12月21日に〈台北路地裏Xmasイルミネーションがステキ♪~インリンサンタが日本のお菓子を子供たちに配る!〉と、タイトルをつけた投稿回を観てみよう。

 日本好きが多いと言う台湾人に、日本のお菓子を配って歩こうという内容で、台北の夜の住宅街にサンタの衣装で現れたインリン。住宅街と紹介されたが、日本では想像もつかないほど眩しいイルミネーションの数々で、まるで夢の国のようだった。

 比較的、年中穏やかな気候の台北とは言え、街を歩く人は日本同様、ダウンジャケットを羽織るなど完全防寒なのだが、インリンのその姿は上半身が肩、ワキ、胸元から背中まで大胆に開いた衣装で、下半身はミニスカから太ももがのぞくサービス精神旺盛の艶衣装だったことから、〈インリンさん、超可愛!!!!サンタ的コスプレ、好好好!!!!!〉〈インリンさんまだまだ現役ですね〉〈この歳で、こう言うコスプレが似合うって、どういうこと?〉さらにはインリンのサンタコスを最高とホメた後に〈お子さんが沢山居るようにはとても見えません(笑)〉と44歳を迎えた3児の母とは思えぬ妖艶なインリンの姿に視聴者から絶賛のコメントが届いたのだった。

 この企画は「1日限り」のようなのだが、こんな艶やかなインリンサンタなら、ぜひとも来年はもっと期間を増やした形でお願いしたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」