スポーツ

スラッガー田淵幸一のプロ覚醒は、あの名球会投手のお陰だった!?

 3代目ミスタータイガースとも称された、元プロ野球選手の田淵幸一氏。阪神タイガース1年目に22本塁打、56打点の活躍で新人賞を獲得、1975年には43本で本塁打王に輝き、西武ライオンズに移籍してからも80年には40本以上の本塁打をマークし、広岡達朗監督のもと、82年、83年の日本一連覇にも大きく貢献したスラッガーだ。

 そんな田淵氏が、主に西武ライオンズで活躍した元プロ野球選手の石毛宏典氏のYouTubeチャンネル〈石毛宏典TV〉に出演、デビュー当時に実感した大きかったプロとアマの差や、その対応策について語った。

 12月20日に〈【田淵幸一#2】ドラフト前に川上哲治監督との密会してた!?本当は巨人にいく約束だったのに…〉とタイトルをつけた投稿回がそれだ。

 田淵氏はプロとしての活躍もさることながら、法政大学時代の1968年には、通算22本塁打をマークし、これは97年に、当時、慶応大学に籍を置いていた高橋由伸氏(後に巨人)に23本で抜かれるまでのリーグ記録であった。

 それだけの実績を備えた田淵氏だが、代打で立ったプロ初打席の相手投手は、最多勝を2回獲得し、カミソリシュートの異名を取った平松政次氏(大洋ホエールズ)。ボールはまったく見えず、三球三振に終わり、「速くて振れなかった。六大学の時あんなボール放るやついねえよ」と苦笑を交えて振り返った。

 しかし、田淵氏のスラッガーたるゆえんは、最短距離で打つために、頭の位置まで上げていたグリップを胸元まで下ろした対応力の早さで、次の試合では2本塁打を記録しており、プロ初打席の三球三振で目が覚め、バッティングフォームを改造、後の活躍に繋がったことから「平松に感謝する」とも心の内を明かした田淵氏。

 傘をさすようにバットを構えると例え、自然体を強調した田淵氏の感慨深い話が拝聴できる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」