芸能

2020下半期「輝く!有名人スキャンダル大賞」(5)音信不通になった板東英二

 コロナでカラオケボックスが500店閉店。

 時短営業でスナックは大変。バタバタ潰れると思うよ。スナックが営業時間2時間で、22時で閉店なんてありえないから。

 22時なんてこれからですよね。ホステスさん、働くとこなくなっちゃって。だからギャラ飲みみたいのが増えちゃうんですよね。一時、川崎のキャバクラが美女ぞろいになったっていう。もう、六本木、銀座のホステスさんたちがみんな、川崎に行っちゃったんで。

 ワクチンができるまでは絶対減らないでしょう。

 ワクチン行き渡るのに2年って言われてますから。

 そうなると、内山くんの披露宴もあと2年延期だな。

 延期ですねえ。

 俺、御祝儀、もう使い込んじゃったからね。

 さんまさんからは「このまま延期し続けて、お前たち、もつのか?」って(笑)。なんとか終息してほしいんですけどねえ。

 自宅を引き払って仕事セーブした板東英二さんがヤバそうです。

 板東さんといえば、内山くんでしょう。

 20年の春先ぐらいに、結婚報告がてら連絡取り合って。で、「先生もぜひ出席してください」っていう話をしてて、そうしたら、「近々、ちょっと話したいことがある」って言ったっきり、音信不通になっちゃってる。私も心配してるんですけどね。

 政治。三原じゅん子が厚生労働省の副大臣に。結局、コアラっていうのはあげチンだったんだな、そう考えると。

 だからアニマル梯団って、意外と2人ともあげチンなんですね。

 あ、そうだ。おさるもな。

 おさる、また改名しておさるに戻したんだよ。

 「アニマル梯団」っていう単語が発せられたの、ここだけだからね。

 全メディアの中で(笑)。

 「虎ノ門ニュース」(DHCテレビ)の内ゲバもすごいけどね。KAZUYA、上念司が今、百田尚樹に訴えられるような感じ。

 居島一平、どうしてるんだ。

 しかし、居島もよくやってるよ。毎日、毎日、2時間「そうですねえ、ごもっとも」って。バイデンの不正投票がどうだこうだの話とかさ、よく聞いてられるよな。

 前田日明のFacebookがけっこう今、ヤバイですね。完全に陰謀論で。トランプは負けてない的な。

 あと、「『鬼滅の刃』はつまらない」と言ってる。

 そうそう。おそらく刀の映画だと思ってたんですよ(笑)。

 刀を擬人化してるような話だと思ってた。

 違うじゃないかって(笑)。

 そろそろ大賞を。今回は満場一致で宮崎という感じがするけど。次点は誰だろうなぁ。まあ、小林麻耶も入ってくるんだけどな。

 「(誰々)の夫」っていう感じがしますけどね。

 あ、そうか。助演男優賞として。「あきら。」だな。あれがノシてくる可能性はある。

 例えば小林麻耶ちゃんを大賞にして、YouTubeで4人がどういうふうにいじられるか、見てみたい気もする。

 「イジメられました」って。でもスキャンダル大賞の人は、ただ悪口言われてるだけですからね(笑)。

 無責任な賞だよ、これ。

 でも、選ばずにはいられないなあ。宮崎さんはすでに横綱ですよ。

 横審からするとね。

 横審で満場一致で(笑)。

<座談会メンバー>

水:水道橋博士(1962年生まれ、岡山県出身)/玉:玉袋筋太郎(1967年生まれ、東京都出身)/吉:吉田豪(1970年生まれ、東京都出身)/内:内山信二(1981年生まれ、東京都出身)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?