スポーツ

田淵幸一、自分のHR後の王・長嶋「反応の違い」激白動画が深い!

 阪神タイガーズ、西武ライオンズで活躍した、元プロ野球選手の田淵幸一氏。

 プロ通算474本塁打は、現・巨人の終身名誉監督の長嶋茂雄氏の444本塁打を上回る成績であり、金本知憲氏が2012年に阪神タイガースで476本塁打を記録するまで、NPBのベスト10入りを果たしていた名スラッガーの1人だった。

 そんな田淵氏が、元プロ野球選手・石毛宏典氏のYouTubeチャンネル〈石毛宏典サブチャンネル〉に出演し、巨人戦でホームランを放った後、ベースを回る際の、ファースト王貞治氏(現・福岡ソフトバンクホークス会長)と、サード長嶋氏のリアクションの違いについて明かした。

 1月2日に〈【田淵幸一】HRを打って分かった王貞治さん、長嶋茂雄さんの違い〉とタイトルがついた投稿回がそれで、ある巨人戦で自分がホームランを放った後のことについて田淵氏はこう振り返った。

「一塁回る時、いつも王さんの顔見るんだよ」

 しかし、当時、田淵氏とホームラン王争いをしている立場の王氏は腕組み足元を見つめ、目が合うことはなかったそうだ。

 ところが、サードの長嶋氏は「田淵クン、よう打ったね~」と陽気に語りかけて来たそうで、「それから長嶋さんのファンになってさ…」と、石毛氏の笑いを誘いつつ、当時を振り返ったのだった。

 1973年には、4月26日、5月9日、10日の巨人戦で7打席連続本塁打(死球を1打席挟む)を放つという快挙を遂げた田淵氏は、「王さん、長嶋さんの前で打つ。オレのホームランを見せてやるんだ」との意気込みでバッターボックスに立っていたと振り返っている。

 偉大な選手は、その存在感だけで、また偉大な選手を生み出す─。まさに意味深く、興味深い投稿回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?