スポーツ

「1989年近鉄リーグ優勝」あの助っ人外国人の仰天秘話を金村義明が動画告白!

 MLBから日本に渡り、1988年から近鉄バファローズで活躍した、元プロ野球選手のラルフ・ブライアント氏をご記憶にあるだろうか…?1年目から34本塁打を放つと、2年目には49本で本塁打王に輝き、以後、トータル3度の本塁打王を獲っている。

 そんなブライアント氏が、近鉄のリーグ優勝に大きく貢献した、89年の10月12日のこと。西武球場での対西武ライオンズ戦におけるダブルヘッダーで、1試合目に3本、2試合目に1本塁打を決めて連勝に導いているのだが、この試合後のブライアント氏の体に生じた予想外の出来事について、89年には同じく近鉄のユニフォームを着てともに戦った、元プロ野球選手の金村義明氏が明かす番組があった。

 元フジテレビアナウンサーのフリーアナ・田中大貴のYouTubeチャンネル〈田中大貴のアスリートチャンネル【アスチャン!】〉、12月8日に〈【伝説】金村義明が選ぶえげつない助っ人外国人とは?!伝説のホームランと夜の遊び方まで暴露!<プロ野球ニュース>〉とタイトルした投稿回がそれだ。

 ダブルヘッダー後、行きつけの焼き鳥屋に向かったブライアント氏と金村氏。ブライアント氏はお酒が飲めないことからコーラで乾杯…ところがジョッキを持ったその肩が上がらなかったそうで、それくらい集中して火事場のクソ力を発揮して本塁打を打っていたのだと金村氏は目を細め、その後の試合では、振らなくてもいいからという状況になり、打席に立ったブライアント氏はしっかり四球を選んでいたとも振り返ったのだった。

 このブライアント氏、実は三振王も5回経験しており、中でも93年の204三振はNPB歴代最高と言う不名誉な記録も献上している。もっとも、三振をものともせず、剛腕から振り下ろされるバットの迫力が本塁打を量産しても言っても過言ではなく、豪快なスイングは、今も我々の記憶に焼き付いている。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!