スポーツ

嫌われていた!?デーブ大久保が桑田の登板日にスタメンを外され続けたワケ

 1992年、シーズン途中の5月11日に、西武ラインズから巨人に移籍した、元プロ野球選手の大久保博元氏。巨人ではいきなり正捕手として起用された。オールスターまでにホームラン12本を量産の活躍ぶりで、大久保氏がホームランを打った試合は必ず勝利していたため、当時は「大久保が打てば負けない」というジンクスが生まれたほどだった。

 その大久保氏が自身のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」に、巨人では斎藤雅樹氏、桑田真澄氏と並んで「3本柱」と称され活躍した槙原寛己氏が出演。懐かしく昔を振り返ったところ、大久保氏を毛嫌いしていたピッチャーの名前が明かされたのだった。

 1月10日に〈槙原さんが禁断の質問「デーブ、桑田に嫌われてたの?」〉とタイトルをつけた投稿回がそれで、トークの最中、「真澄と組んでないの?」と突然桑田氏の名前を出した槙原氏に、「嫌われたっす、途中で」と返す大久保氏。

 なぜか桑田氏が登板する試合にはスタメンを外されていたそうで、当時コーチだった中畑清氏に訊ねたところ、桑田の希望だったことが判明したという。

「最初受けたときは、的が大きくて投げやすいってコメント聞いてたんで安心してたら、慢心に変わってたのかもしんないです…」と笑いを交えて口にした大久保氏だが、桑田氏には牽制のサインにも頷いてもらえなかったと振り返っていた。

 冷静に確固たる投手理論を持つ桑田氏に対して、大久保氏はそれいけドンドンの熱血タイプ。グラウンドではウマが合わなかったかもしれないが、ともに野球に愛情を注いでいることには違いない。ぜひこのチャンネルに招いて、トークで舌戦を繰り広げてもらいたいところだが…。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!