スポーツ

桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由

 1月12日、巨人が球団OBの桑田真澄氏を一軍投手チーフコーチ補佐として招聘することを発表。巨人ファンのみならず、プロ野球ファンにも驚きを与えたようだ。

 桑田氏は現役時代、巨人で斎藤雅樹氏、槙原寛己氏ともに先発陣の「三本柱」として活躍。173勝をあげ、07年に米大リーグのピッツバーグ・パイレーツに移籍するも、翌年に現役引退。その後は解説者の傍ら早稲田大学大学院でスポーツ科学を学び、東京大学で特別コーチを務めるなど野球に携わってきた。

「経験と実績も十分なだけに、21年間在籍した巨人から15年近く指導者として声がかからないこと自体、不思議とも言えますが、その原因は06年、桑田氏がシーズン途中で退団を発表し騒動となったことから、球団側を含め当時の原監督と軋轢が生まれたからではないかと囁かれていました。ファンの間でもその噂は知れ渡っていたことから、今回の発表には仰天の声が上がっているんです」(野球ライター)

 加えて、なぜこれまで桑田氏が巨人に呼ばれなかったかについては、こんな話もある。

「桑田氏と現役時代から仲が良い巨人OBのクロマティ氏は18年、『夕刊フジ』に、当時原監督が3度目の指揮官を務めることが決まったことを受け、作家のロバート・ホワイティング氏を通し驚きの声を寄せています。そこでクロマティ氏は、球団が“(原監督ではなく)別の人選をすると期待していた”として桑田氏の名前を挙げ“頭脳明晰。野球をよく知っており、いい監督になると信じている”としていますが、一方で“聡明さが際立つが巨人のフロントには生意気だと思われていたようだ”とも明かしています。こうした諸々の感情が時間を経て解決されたかどうかは分かりませんが、今回のサプライズ人事はやはり、先ごろの日本シリーズでの惨敗が相当効いているという見方もできますね」(前出・野球ライター)

 いずれにせよ、桑田氏がどんな指導力を発揮するのか、見ものである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!