社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<脳出血>高血圧でなくても注意。血管が脆くなる原因は…

 冬に多発する「脳出血」。脳の血管から出血し、血液のかたまりが脳細胞を損傷させてしまうことで引き起こされる。症状の程度はさまざまだ。軽いしびれを感じたりする軽度から、手足などに障害が残ってしまったり、最悪の場合、命を落とす危険性もある。

「脳出血は高血圧の人に多い」と思い込んでいる人も多いが、これは間違い。近年では、血圧が高くないのに発症する「アミロイドアンギオパチー」が増えている。聞き慣れない言葉だが、タンパク質のアミロイド(ゴミのようなタンパク質と考えてよい)が脳内に蓄積されることが原因で、脳動脈が脆くなり脳出血を発症しやすくなる。特に高齢者で起こりやすいと言われるが、この「アミロイドアンギオパチー」の蓄積は脳出血に加え、認知症の原因の一つとも。もともと認知症のある人が脳出血を起こしたり、脳出血をきっかけに認知症が発症したりするからだ。

 近年、高齢者に多く注目されている病気だが、残念ながら「アミロイドアンギオパチー」に対する治療薬は今のところないため、内科的治療を中心に行うことになる。認知症も発症しているとアルツハイマー病や血管性認知症の要因と関連するため、それらの病気に対する治療を行うのだ。

 この「アミロイドアンギオパチー」は加齢とともに脳内にたまってくるので、いかにため込まないかが予防の重要なポイントとなってくる。

 まずは、糖分、油分、塩分、アルコールの摂取を控えること。体内にこれらが蓄積されると、体の細胞から徐々に水分が減少し、代謝機能が悪化し、ゴミタンパクがたまりやすいと考えられているためだ。

 高血圧でないからといって、油断は禁物。60歳以上になったらリスクが高まるため、食生活には注意したい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
4
ダレノガレ明美、トレ写真で魅せていたバスト渓谷&衝撃「下腹部盛り上がり」!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!