スポーツ

東尾修「日本人投手初の1億円プレーヤー」称号を得た仰天“裏交渉”

 1月14日、巨人の菅野智之が8億円で契約更改を行った。これまで日本人最高年俸だった佐々木主浩氏(当時は横浜ベイスターズ)の6億5000万を上回り世間を驚かせたが、振り返って、ピッチャーで初の1億円プレーヤーとなった選手をご記憶にあるだろうか?

 それは西武ライオンズで活躍した東尾修氏であり、1986年、日本シリーズで優勝した後の契約更改だったのだが、1億円到達には意外な裏交渉があったようだ。

名球会が運営する公式YouTubeチャンネル「日本プロ野球名球会チャンネル」の1月15日投稿回を観てみよう。

 日本人初の1億円プレーヤーは落合博満氏である。ロッテから中日ドラゴンズに移籍した際に、1億3000万円にしている。優勝旅行のハワイから帰国した東尾氏は「よし!俺も1億円!」と気合を入れて交渉に臨んだようだ。

 ところが、球団の提示は9500万円だったそうで、なかなか1億円に応じてもらえなった。そこで東尾氏は、500万円の身銭を切るから、表向き1億円にするよう、球団に驚きの交渉をしたのだと言う。

 もっとも、それが口に出来たのは、当時球団社長だった坂井保之氏が、東尾氏の仲人だった縁もあったようで、根負けした坂井氏がオーナーに説得。「OKが出たんです!」と、東尾氏はダメもとが功を奏したと笑いを交えて振り返ったのだった。

 東尾氏が1億円に到達したのはプロ18年目のシーズン終了時点である。その前年には200勝をあげ名球会入り、さらには75年と83年に最多勝利のタイトルにも輝いている。時代が違えば、とっくに1億円プレーヤーになっていてもおかしくなかったかもしれない…。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
4
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?