スポーツ

東尾修「日本人投手初の1億円プレーヤー」称号を得た仰天“裏交渉”

 1月14日、巨人の菅野智之が8億円で契約更改を行った。これまで日本人最高年俸だった佐々木主浩氏(当時は横浜ベイスターズ)の6億5000万を上回り世間を驚かせたが、振り返って、ピッチャーで初の1億円プレーヤーとなった選手をご記憶にあるだろうか?

 それは西武ライオンズで活躍した東尾修氏であり、1986年、日本シリーズで優勝した後の契約更改だったのだが、1億円到達には意外な裏交渉があったようだ。

名球会が運営する公式YouTubeチャンネル「日本プロ野球名球会チャンネル」の1月15日投稿回を観てみよう。

 日本人初の1億円プレーヤーは落合博満氏である。ロッテから中日ドラゴンズに移籍した際に、1億3000万円にしている。優勝旅行のハワイから帰国した東尾氏は「よし!俺も1億円!」と気合を入れて交渉に臨んだようだ。

 ところが、球団の提示は9500万円だったそうで、なかなか1億円に応じてもらえなった。そこで東尾氏は、500万円の身銭を切るから、表向き1億円にするよう、球団に驚きの交渉をしたのだと言う。

 もっとも、それが口に出来たのは、当時球団社長だった坂井保之氏が、東尾氏の仲人だった縁もあったようで、根負けした坂井氏がオーナーに説得。「OKが出たんです!」と、東尾氏はダメもとが功を奏したと笑いを交えて振り返ったのだった。

 東尾氏が1億円に到達したのはプロ18年目のシーズン終了時点である。その前年には200勝をあげ名球会入り、さらには75年と83年に最多勝利のタイトルにも輝いている。時代が違えば、とっくに1億円プレーヤーになっていてもおかしくなかったかもしれない…。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」