芸能

激震余波で揺れ動く!?森七菜、「移籍騒動」裏側と「隠れ爆裂バスト」真相とは

 突如として勃発した女優森七菜(19)の「事務所移籍」。若手の中でも、ひときわブレイク中の女優だけに、一時はハチの巣をつつく大騒動になっていた。

 インスタグラムがアカウントごと削除され、所属事務所のサイトからプロフィールも消えた。なのに、森は何ごともないかのように、「日本ジュエリー・ベストドレッサー賞」の授賞式に出席。その後も主演映画「ライアー×ライアー」の完成記念イベントにも現れ、笑顔を振りまいた。

「結果、噂されていた二階堂ふみ(26)や土屋太鳳(25)らが所属する『ソニー・ミュージック・アーティスツ』とのエージェント契約が発表されました。とはいえ、森を発掘して育てあげた女性マネージャーA氏を捨てたという悪印象が残ったのは否めません」(スポーツ紙芸能担当記者)

 森は中学3年の夏休みに家族と食事中に、たまたま大分に帰省中だったA氏の目に留まり、スカウトされた。以来、弱小プロダクションながら、『この子に人生を賭けた』というA氏の奮闘もあって、森は数々の大役を射止めてきた。

「ところが、ギャラの配分をめぐって森側が不信感を強めていたそうです。それも、昨年2月に森の実母が上京してきて、同居するようになってからのこと。森本人も『ギャラはママが管理して、自分は小遣い月3万円』と話していたぐらいですから、七菜ママが欲張った結果が騒動の発端なのでは」(前出・芸能担当記者)

 ステージママの存在は芸能界では敬遠されがち。ともすると、森は起用しにくい女優となるかも…。

「七菜ちゃんが干されるなんて、カンベンですよ!」

 と声を荒げるのは芸能評論家の織田祐二氏。物静かな織田氏が、ここまで駆り立てられる理由について、早くから、森は「隠れ爆裂バスト」だと持ち切りだったということを前置きして、さらにこう続ける。

「確かに、その片鱗は各所でみせていますが、これからが本領発揮と思っていた。なのに、表舞台から去ってしまったら、コロナ禍にある日本がより暗くなってしまいます」

 削除されたインスタについても、肩掛けカバンを胸の“渓谷”に通し、スラッシュ効果で胸が盛り上がる写真がアップされたことに「ファンが歓喜していたというのに…」(織田氏)

 森七菜のそんな、意外な爆裂バストと移籍騒動の裏側を1月26日発売の週刊アサヒ芸能2月4日号が詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?