芸能

松坂慶子 水着姿もOK?ライザップCM「熱烈オファー」に応える

「愛の水中花」のバニーガール姿に映画作品での数々の妖艶なシーンと、松坂慶子のグララマスボディは、現在もオトコたちの脳裏に焼きついて離れない。68歳となった現在、再び磨きをかけて復活しようとしている。

 1月9日のNHKスペシャルドラマ「おもひでぽろぽろ」で孫を持つ主人公を演じ、翌10日に放送されたドラマ「DOCTORS~最強の名医~2021新春スペシャル」(テレビ朝日系)では性格に難アリな病院長の母親役で登場。引っ張りだこな松坂ではあるが、その役どころは年齢相応になってきている。

 しかし、往年の松坂を復活させるプランが進んでいる。広告代理店関係者によると、

「ここ数年で肉づきのよさが目立ってきた松坂に対し、一昨年頃からライザップが熱烈なオファーを送っていたのです」

 今やライザップといえば、誰でもあのCMを思い浮かべるほどの有名企業。短期間でダイエットを成功させて、使用前と使用後の体を比較するアレだ。かつて広告塔として浅香唯(51)や佐藤仁美(41)らが、だらしない体から美ボディへと変貌するさまを見せつけた。

「松坂は急激に体型が変化しては、すでに決まっている出演作への影響が出るとして快諾しなかった。それでもオファーを送り続けた熱意に、ついに松坂側も折れたというのです」(前出・広告代理店関係者)

 ライザップCM出演のカウントダウンが始まっているというのだ。当然ながら、期待は水着姿の披露に集中する。

「ウエストがどれだけ細くなったかをビフォー・アフターで証明するわけですから、当然ですがビキニになります。かつて日本一グラマラスな女優と呼ばれた松坂のE乳が完全復活しますよ。ダイエット期間はありますが、早ければ年内にも披露する見込みです」(前出・広告代理店関係者)

 もちろん年齢を重ねても、松坂のバストがたわわであることは実証済み。

「1月7日に情報番組『ごごナマ』(NHK)にゲスト出演した時のことです。松坂は白のジャケットにピンクのブラウスを着ていたのですが、話に夢中になっているうちに前かがみになり、その瞬間、深い谷間が見えたんです。昼間から眼福に巡りあえて、ありがたい映像でした」(スポーツ紙放送担当記者)

 前出・広告代理店関係者も膨らみのデカさに太鼓判を押す。それは松坂が出演する携帯電話会社「UQモバイル」のCM撮影で起きたハプニングでのこと。大地真央(64)、田中美佐子(61)と「シニア三姉妹」を演じて、「UQダンス」なるものを披露しているのだが、

「ピンク・レディーの『UFO』に合わせて、腕でQの字を描いてみせるじゃないですか。その時、松坂が腕を動かすたびに大きなバストが揺れまくり、大地と田中が吹き出してNGが出たそうです」(前出・広告代理店関係者)

 今年はオトコたちの脳裏に、新たな松坂の妖艶な姿が焼きつけられそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由