政治

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「『麻生VS二階』で分断してる場合か!」

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 国会が始まったので大臣らを直撃しようと、国会議事堂へ行ってきました。議事堂は社会科見学で一度は行ったことがある、という人も多いかと思います。会期中は特に活気があって、エントランスから厳かに大臣たちが入堂する様は、テレビでもおなじみです。

 でも、なんだか空気はどんよりとしていましたね。議事堂の中には食堂が2カ所の他、蕎麦屋やインド料理屋、吉野家もあるのですが、国会が始まる直前、ちょうど昼時にもかかわらず、どこも閑散としていました。吉野家は議事堂限定メニューの黒毛和牛丼(1389円)が名物で、昔はそこそこにぎわっていたのですが。高級牛丼の味? 一度食べましたが、普通の牛丼のほうがおいしいかな。どこのお店にもおひとり様か2名単位の2、3組のみ。緊急事態宣言を守っているんですね。

 与太話はさておき、議事堂では顔見知りの与党議員は皆、すれ違いざまに、

「支持率、本当に下がってる?」

 と聞いてきました。僕に聞くほど深刻だと感じているようですが、それなのに本当かどうか信じられない夢うつつではいけません。何か対策を打たないと。

 そこで支持率回復手段として若手議員たちは、国民全員にまた給付金10万円を配ることを提案しているそうです。が、麻生大臣がケチをつけて首を縦に振らないことも、国民にはあらわになっています。というかそれ以前に、麻生さん自身がほとんど表に出てこないことがやっかいです。菅政権に反発しているのがミエミエ。コロナ対策がスムーズに進まない一因には、やっぱり水面下での「麻生派対二階派の戦い」が絡んでいるのではないでしょうか。全国民に一律給付金を配ったほうが内閣支持率だって少しは盛り返せるだろうに、まるでチームプレーがなってない。

 日本が分断している開会中と同時期に、バイデン新大統領も就任式を迎え、ユニティー(団結)を掲げました。「未来を明るくするには言葉以上のもの、民主主義において最もつかみどころのないユニティーが必要だ」と。なのに、バイデンとトランプは分断。日本もユニティーどころか、麻生さんと二階さんは分断。

 先日、NHKの番組で二階さんが「全力を尽くしているんだから、ケチつけるんじゃない」と発言して話題に。その前日、牧島かれん青年局長が党幹部に突きつけた申し入れに「73歳定年制のルールを厳守」という項目があったそうです。二階さんは「青年局の活動を応援します」と答えたという日和見。

 実はその続きがあって、「私はね、コロナというなかなか未知のものに対応してるんだから、いろいろ難しいんだよ」

 とつぶやいたとか。「難しい」なんて言葉は二階さんの辞書にはなかったはず。やっぱり定年に近づいてきたのか、と感じてしまいます。麻生さんは二階さんのことを疎ましく思い、二階さんは麻生さんのことが疎ましい。どんぐりの背比べはいったい、いつまで続くのでしょうか。

 議事堂の帰り、お土産屋さんで「スガちゃんまんじゅう」を買いました。うちの嫁にあげたら喜びますが、知人にあげたら「縁起悪い」と言われました‥‥。風貌はアマビエっぽいんですが。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ):1981年生まれ、東京出身。早稲田大学を卒業後、日本生命などを経て、12年に衆議院議員に。16年に辞職し、経営コンサルタントや「サンデー・ジャポン」(TBS系)などに出演。「バラいろダンディ」(TOKYO MX)ではレギュラーMCを務める。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり