芸能

橋本環奈「パパ活女優」の極意(2)絶世の美女すぎたルックス

 それからの快進撃に時間はかからなかった。芸能ジャーナリストの平田昇二氏は言う。

「近年の若手女優で、若い頃から活躍していて成り上がったケースといえば、新垣結衣や二階堂ふみなどモデル上がりが大勢です。テレビ視聴者層の主流となる女性人気を取り込むため、アイドルやグラドルなどの出身者は男性に媚びを売っているという色眼鏡のかかったイメージで見られるためでしょう。その中で、どうしてもファン層が偏った地方アイドル出身の橋本の急成長は、非常に稀有な例であると思います」

 かといって橋本は、アイドル時代の人気をそのまま現在にスライドさせたわけではない。

 林氏が解説する。

「正直、福岡にいた頃は、グループ内でも目立った存在ではありませんでした。その後のセンセーショナルな売り出され方と、現在の活躍ぶりからは想像もつかないかもしれませんが、アイドルの歌って踊る才能と、演技やCMで光る才能は違うものなんです。かつてのダンス映像を見ても、彼女は決してヘタではありません。しかし、グループの中の1人として歌って踊るには絶世の美女すぎたんです。巷間言われる、クラスで3~4番目のルックスではなかった。完全に抜けているため、『応援したい』というファン心理の範疇に収まるアイドルではありませんでした。それが今は、ドラマやCMで求められているものと合致しているのです」

 つまり女優というフィールドでこそ、彼女の真価は生きたというのである。

 とはいえ、周囲がレールを敷いたから成功したという単純なものではないだろう。他でもない、橋本の類いまれなる素養がそれを実現させたというのだ。

「全ては、彼女のオヤジ転がしテクニックの巧みさだと思います。業界人のパーティーに参加した際も、彼女を支援する業界の長老たちを相手にして物怖じすることなく、実にフレンドリーに接している姿が目撃されています。つい最近では、所属事務所のスポンサーを務める年配の大物と会員制バーで親しく飲んでいると、半ばスキャンダルかのように報じられた。また、福田雄一監督が『銀魂』(ワーナー・ブラザース映画)や『今日から俺は!!』など、頻繁に橋本を自身の作品にキャスティングすることを訝る向きもありました。しかし、そんなことより、今や中年男性たちを籠絡する、したたかで天真爛漫な彼女のふるまいは業界で『パパ活』とまで呼ばれているんですから」(芸能プロ幹部)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”