芸能

ソソる熟れ頃女子アナ「すごい肉体」ランキング(2)加藤綾子の圧倒的なデコルテの美しさ

 続いて2位にランクインしたのは、司会する「Live News イット!」が昨秋より1時間増と大幅リニューアルした加藤綾子。

「テレワークになって見る機会が増えた。3時間以上のナマ番組のあと、どうやって性欲発散させているのかが気になった」(53歳・ウェブ)

「顔、声、肌ツヤ、どれをとってもこれほどかわいらしい熟アナはいない。自慢のDカップを揉まれてどんな声で鳴くのか聞いてみたい」(65歳・飲食)

 ニュース原稿よりも美乳力が響くようだ。丸山氏はこう分析する。

「昨年末のオリコンランキングではトップ10に入らなかったが、やはりカトパンブランドはいまだ根強い。番組が新体制になり、最近は笑顔が柔らかくなったのがいいのかも」

 これに対しズバリ、自慢の胸に注目する意見も出た。

「圧倒的なデコルテの美しさが際立つ。胸元の若さはもちろん、美乳の張りの良さにつながっている。つまり、胸元を見て、そのツンと尖った美乳を連想させているのです。熟女感が増したカトパンは、今こそ夜ニュースに異動すれば、モミモミしたい男性がこぞって早く帰宅するはずです」(小谷氏)

 ガースー総理よりカトパンの谷間のほうが説得力がありそうだ。

 その夜ニュースが板についてきた有働由美子が3位をもぎ取った。

「マイペースながら、厳しさ、ユニークさを取り混ぜたトーク力。1日の終わりに最適」(64歳・ビル管理)

 丸山氏も太鼓判を押す。

「キャスターとしての実力と安定感はもちろん、気さくで好感度の高いイメージ。ベテランならではの知識の広さと、老若男女に応えられる汎用性の高さがあるんです。一転、ラジオでは自身の恋愛エピソードや『ガマン汁発言』など、しっかり個性を発揮しているのがすごい」

 続いて4位には「WBS」の屋台骨・大江麻理子アナが、局アナとして最高順位に入った。

「清楚で理知的な美顔に癒やされる。机の下にスラッと伸びた美脚を見て、人妻であることを忘れて淫らな妄想をしてしまう」(55歳・保険)

 かつて「モヤさま」でたびたび披露した美脚は健在だ。小谷氏が新たな魅力を発掘する。

「彼女の特徴は少し垂れた目、そして両目の間が少しあいた離れ目です。実はこの離れ目、顔相学的にはおっとりとして、男を受け入れるドMタイプになる。最近は、番組中にマスク着用で出演し、話題を呼んでいますが、そのマスク姿はドM顔をさらに強調させる効果がありそうです」

 春から、放送は1時間前倒しの22時スタート。ドM顔もさらに拡散する!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像