芸能

ASKAがまたもや“謎ツイート”で指摘された「石田純一と同類」揶揄!

 2月2日、ASKAがまたもや“謎ツイート”を連発し、ファンを動揺させている。

 ASKAはこの日、天井の部屋を撮影したサーモグラフィーのような温度感知風の画像をアップ。「人感センサー。僕の仕事部屋の天井には3つある。ベッドルームには4つ。リビングルームには3つ。普段使わないゲストルームには0。バスルームには2つ。ヤな事に、トイレにも1つ。部屋内で人が動けば、サーモグラフィで全て観られる」(文ママ)とし、「今は、どの家、マンションの天井裏にも、外部からアクセスできる『ipアドレス』振り分けられてる。もちろん、それ以外にも。位置情報を特定されると、終わりなんです」などと、自身が“監視”されている脅威の状況とともに、世間にも注意を促している。

「ASKAの普段のツイートは、何気ないごく普通の内容なのですが、時に理解に苦しむ発信を連発することがあり、昨年11月にも『先日、うちに「元ホワイトハッカー」が来られた。 目の前で証拠を見て帰られた。 逆監視中です』などとして、まるで何者かに狙われているかのような発言を連投。今回もその時も、ネット上では《体調大丈夫なのか》《妄想がすぎる》などといった声が上がっています」(ネットウオッチャー)

 そんななか、《何ら変わらない》と同類扱いされているのが、新型コロナに感染以降、会食などでバッシングを受け続けている俳優の石田純一だ。

「昨年8月、『週刊女性』の取材に対して飛び出した、『ある組織が、俺のことをイジメてるんです。コロナは“こじつけ”で、俺を社会的に抹殺してやろうということなんですよ』という発言。これが、『石田純一』がトレンド入りするなどインパクトが強すぎましたからね。確かにASKAと“得体の知れないものに狙われている”という点でソックリ。実際に両人がどのような状況に置かれているのかは分かりませんが、ネット上では格好のイジリ材料になっているようです」(前出・ネットウオッチャー)

 先ごろYouTubeチャンネルを開設するも、低評価が相次いでいる石田。いっそのことASKAを呼んで対談を組めば、バズること間違いなしだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…