芸能

アンガ田中に痛烈辛口“口撃”!同郷の「リケ美女」グラドルにドン引きの声

 2月1日に放送の「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演したグラドルの福岡みなみに対し、視聴者から批判の声が集まっている。

 番組はこの日、「男子インテリVS女子インテリ」と題し、名門大を卒業した面々がクイズで対決。男子チームは広島大出身のアンガールズ・田中卓志や明治大出身のパンサー・向井慧らが顔をそろえ、女子チームは東大医学部卒のフジテレビ・藤本万梨乃アナや関西大出身のゆりやんレトリィバァらが迎え撃った。

 そんな中、東京理科大出身の“リケ美女”福岡は、「広島出身なんで」と、田中と同郷であることを告白し、「広島を“気持ち悪いイメージ”から、さわやかに変えていきたいと思います」と田中を辛口“口撃”。

 田中が「広島の男をナメんなよ!」と返すと、福岡は「私も広島大学合格してるんで」と前置きしつつ、田中のことは「まったく知らないです」と、気の強さを見せた。

 福岡はさらに、「LINE教えて」などと絡んでくる田中を「気持ち悪い!」とバッサリ切り捨てて沸かせたが、お茶の間でのウケは今ひとつだったようだ。

「福岡みなみって子、言葉遣いがちょっと不快だった」「田中への気持ち悪い!が本気すぎてドン引きした」「炎上キャラ狙ってるのかもしらないけど、和やかな雰囲気のクイズ番組では合わないでしょ」「福岡さん、肝心のクイズではかなり誤答してたけど、全然謝らないんだね」「福岡さんのせいで番組の雰囲気が悪くなったね」と、ネットでは批判の声が殺到してしまっている。

「福岡さんは、どちらかといえば辛口で率直に意見を口にする方ではあるんですが、クイズ番組の視聴者には刺激が強すぎた感がありましたね。共演者たちにも福岡さんが暴走しすぎではという空気が漂っていました」(テレビ誌ライター)

 番組は女子チームが敗戦。同チームメンバーだったネプチューン・原田泰造は敗因について「まあ…言いたくないけど、ちょっと、できない人がいた」と、指摘しづらそうに口を濁すと、福岡は食い気味に「私ですか!?」と原田のほうを向いてキッパリ。これには原田もタジタジのようで…。

「福岡さんは炎上を心配するファンに向かいツイッターで『何言われてもお仕事だから気にしないから大丈夫』と発信しており、キャラとして性格のキツイ女を演じ、番組でも自身を印象づける“爪痕”を残そうとしているのかも知れません。ただ、結果として自身の損になってしまわないか心配です。翌日に放送された『潜在能力テスト』(フジテレビ系)に出演した人気YouTuber・ヴァンゆんのゆんが、アンガ田中に対し『好みのタイプ』とまで発言して好感度アップさせていたのが、対照的でしたね」(前出・テレビ誌ライター)

 アンチを増やさないよう、炎上キャラの“やりすぎ”にはご注意!?

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」