芸能

広瀬アリス、「すずの姉」脱却し大女優へ!「女性版半沢直樹な顔芸」指摘も

 広瀬アリスがヒロインを務めるドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の評判がいい。

「物語はタイムワープファンタジーで、アリスは主演の大倉忠義の妻を演じている。2人が出会う高校生時代から2児の子育てに奮闘する母親役、果ては銀行員役まで、環境、感情の違う難しい役どころを1人で演じきっています」(テレビ誌記者)

 一昔前は妹・広瀬すずの後塵を拝して、「すずの姉」という認知度だったアリスだが、すっかり最近は女優としての地位を確立しているのだ。

 ドラマの視聴率アップはアリスの演技あってこそと、コラムニストの峯田淳氏は太鼓判を押す。

「パターンの違うそれぞれの役柄に合った、等身大の演技をする彼女に共感を持つ女性たちを取り込んでいます。特に夫の大倉を怒鳴るシーンは、表情にリアリティーがあるんです。“女版の半沢直樹”とでも言わんばかりの顔芸。ここまで喜怒哀楽がしっかりと表情に出せる女優はなかなかいません」

 実は、アリスが脇を固めてきたドラマは近年軒並み好調をキープしてきた。

 彼女を起用したいドラマ関係者が増えているというが、それは現場でムードメーカーになってくれるからという側面もあるという。

「気さくで気取らず、若いスタッフにも自分からあいさつしてくれます。サービス精神旺盛で、スタッフが冗談を言えばケラケラと笑っている姿を見ますね。ただし今回の『知ってるワイフ』の現場では、大倉と話し込む姿があまりありません。今回はよほどの意欲作なのか、集中している様子です」(前出・ドラマ関係者)

 いよいよ女優として、さらにワンランクアップする機運が高まっているのであるのだ。よもや、すずが「アリスの妹」と呼ばれる時代が来る!?2月16日発売の週刊アサヒ芸能2月25日号では、そんな逆転現象をも生まんばかりの快進撃を詳しくレポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情