芸能

タモリ「サングラスの奥に秘めた“カネ・タブー・放送事故”」(3)“不倫の噂”も慎重に回避

20131031f

 二日酔いで暴走したこともあるタモリのスキャンダルは、これまでほとんど報じられていない。そんな「サングラスの奥に秘めた素顔」を放送作家が証言する。

「よく言えば『徒党を組まない一匹狼タイプ』ですが、『小心タイプ』という声もよく聞きます。ビートたけし(66)と明石家さんまとで“BIG3”と呼ばれていますが、例えば、正月番組の特番などで3人がゴルフ競演する際に『このケチ!』なんてダブル口撃を受けていますが、カメラが回っていない席でも『いじられキャラ』。そして、たけしとさんまからは陰で『アイツはケチ』と言われていました」

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は、タモリのこんな意外な一面を指摘する。

「タモリのものまねで知られるタレントのコージー冨田だけは芸能界で唯一のNGタレントとも言われています。彼のパフォーマンスに対し快く思っていないフシが伝わってくるんです。共演したことはなかったはずだし、実際、彼の話題には一切触れませんからね」

 一見、敵を作らない全方位外交に見える交友関係について、写真誌カメラマンが話す。

「タモリは友人たちを自宅に招待して手料理をふるまうので、タモリの時価8億円とも言われる東京・目黒区の豪邸を張っていれば交友関係がわかります。同郷の福岡県出身の有名人は多い。中でも森口博子(45)は、正月におせち料理を食べに来るほど慕っていました。ここ数年は同郷ではないですが、SMAPの草なぎ剛(39)もあのすっ裸騒動で揺れた時期、かなり支えてもらったそうです。基本的に芸能人の交友関係は少なく、心を許しているのは、ともにデビュー時代に深夜の下品芸人として鳴らした鶴瓶ぐらいでしょう」

 冒頭で、鶴瓶をレギュラー日でもないのに呼んで番組終了宣言したことも、こんな背景を知ると、どこか「寂しいもの」を感じてしまう。

 こうして見てくると「慎重な人間性」が浮かび上がるタモリだが、取材を進める中で、本誌はこんな意外な情報にも行き当たった。16年ほど前に、恒常的なマスコミ包囲網をかいくぐって逢瀬を重ねていたという、20代の頃に結婚した一般人の夫人以外の影が一度だけ見え隠れしたというのだ。

 フジテレビ関係者が明かす。

「相手は年下の料理研究家でした。有名文化人の娘で、海外から帰国後、タモさんから仕事面でバックアップを受け、いつしか都内の最高級億ションで週末婚のような関係になったと噂されました。長期間追跡を試みた写真誌や女性誌は多いものの、全て空振りだったといいます。タモさん側は追跡車のナンバーを割り出すなどの対策を練っていたそうです。当時は女子アナブーム。一緒に仕事をした人気アナたちが、その手法を参考にしたというほど用心深いタイプだったと聞いています」

「いいとも!」終了が迫る中、そんな人間・タモリのタブー素顔もますます注目されていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談