芸能

みのもんた「“女子アナセクハラ疑惑”の余罪をズバッと告発!」(3)“定番セクハラ”も過激さを増して…

20131107c

「朝ズバッ!」での「余罪」はこれだけにとどまらない。昨年7月、天気コーナーからスタジオにカメラが切り替わる瞬間、「セクハラッ!」という女性の声が生放送で流れたのである。この声の主は高畑アナではないかと言われた。放送担当記者が語る。

「音声だけで映像が残っていなかったため、みのがまた何かやったんじゃないかとの噂が出ましたが、TBSは『セクハラの事実はなく、高畑アナの声でもない。スタジオの打ち合わせの音をマイクが拾うことがあるので、番組終了後に注意喚起した』と、よくわからないコメントをしています」

 はたして、実際はどうだったのか。

「あの声の主は、実は加藤シルビアアナ(27)でした」

 と明かすのは、TBS関係者である。

「みのは加藤アナの背中を縦になでるように指をはわせ、ブラジャーのホック部分をグリグリと押すなどしていじくっていたんです。彼女は以前から狙われていて、尻揉みとブラホック押しのセクハラに悩んでいた。ところが、みのは放送後に『そんな大きな声を出したら放送に乗っちゃうだろ』と加藤アナに説教し、逆ギレ。加藤アナも上司に相談したのですが、結局、これが一因で降板となりました。あぁ、そういえば、今回の尻ナデ騒動の吉田アナも、同じような被害にあっていたそうですし、他にもやられた女子アナはいますね」

 尻ナデ、ブラホック押しは、みのの「定番セクハラ」のようである。

 TBSでは、みのがMCを務めた「どうぶつ奇想天外!」(09年に終了)でも、アシスタントの外山惠理アナ(38)がとんでもない被害にあっていたという。制作スタッフが語る。

「外山アナがみのの楽屋に挨拶に行ったところ、みのの機嫌がすこぶる悪い様子。外山アナが『よろしくお願いします』と言ったとたん、口に含んでいたお茶をブワーッと吹きかけられたんです。外山アナは怖くなって短期間で番組を降板したわけですが、事情を知るいろんなスタッフから話を聞いてみると、『みのはああいう気が強いタイプが嫌い。そのうえ、みのにとってはかわいくない女子アナだったようで。好みのタイプとはまったく違うらしいんです』。これも一種のセクハラですよね」

 こうして女子アナたちは凌辱され、番組を去っていったわけだが、今回の吉田アナの一件に絡んでも、

「吉田アナが降板するのではないか、という噂は局内で流れました。次男の事件が起こってみのが休養したことで、命拾いした側面もあるんじゃないでしょうか。ただ、これまでのようにまた吉田アナを外したら、いくら定期の担当替えと説明しても、セクハラ絡みだと取られるのは確実。『やっぱりアレで降ろされたんだ』となりますから、うかつには降ろせないという事情もあったようです」(前出・TBSスタッフ)

 前出・安良氏は言う。

「息子の件で釈明会見をしましたが、それこそ『まず隗より始めよ』で、息子について語る前にみずから襟を正すべきでしょう。みのの言うように、子供と親は別人格だとしても、自分の下半身の人格形成はきちっとすべき。でも、これまでの全てのセクハラ行状や疑惑について釈明する度胸はないと思いますよ」

 TBSの番組降板で、みのに関わった女子アナたちは当面、安心して働ける環境が整ったと、胸をなで下ろしているかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり