エンタメ

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(2)3年B組金八先生・川上麻衣子×直江喜一 その1

20131107o

 学園ドラマ史上の金字塔と言われる武田鉄矢主演の「三年B組金八先生」(TBS系)。中でも、第2シーズン(80~81年)は最高傑作とも言われ、最終回は34.8%という驚異的な視聴率を叩き出した。ヒロイン・迫田八重子を演じた川上麻衣子(47)と「腐ったミカン」加藤優を演じた直江喜一(50)が、熱気あふれる舞台裏を語った。

直江 オーディションは一緒に受けたんですけど、優は第5話(「腐ったミカンの方程式」)まで出番がありませんでしたからね。それでも、たまに遊びに来いよと言われて、チョロチョロ顔を出していた。その頃、八重子(川上)は中3でプリプリしていましたけど、僕は高3だったこともあって、周囲にはペーペーのADだと思われてた(笑)。

川上 プリプリって(笑)。

直江 みんなに「おはようございます」なんて言われてね。それが、「何だ、出るんじゃん!」みたいな。年齢的なことを言うと、僕と、ヒロ(沖田浩之)は誕生日が1日違いで一緒。ひかる一平が確か1つ下かな。あのクラスで言えば、高校3年もいれば中学1年もいる。あの当時の成長過程って‥‥。

川上 全然、違う。話す内容も違うしね。

直江 ヒロとオレなんてオトナの会話ばかり。

川上 エッチなことばっかり言ってたからね(笑)。

直江 年齢だけじゃなく、女の子もキレイどころがいれば、キレイどころを引き立てる役もいる(笑)。八重子と祐子(吉田康子が演じた石川祐子)、まどか(福家美峰が演じた山本まどか)などはキレイどころ。いつも一緒だった。

川上 私はキレイどころじゃない、中間。でも、3人は仲よかったですね。

直江 そのへんのキレイどころは、中学生には高嶺の花なんですよ。落としどころとして、高3のこっちが行かないとね。まあ、かまう程度ですが。

川上 ええ、よくかまってもらいましたよ(笑)。

──人気作品のパート2、視聴率等のプレッシャーは?

川上 プレッシャーというより周りがすごかった。金八に出れば売れるぞ、みたいな。事務所の押し加減とか。

直江 オーディションからして雰囲気が違ったよね。

川上 私たちは芝居できますけど‥‥。

直江 「いかがですか!」みたいな(笑)。

川上 そういう人が集まっていましたので。若いながらも厳しい雰囲気もあった。

直江 確かに、オーディションはあの年の子にとっては残酷だったかもしれない。落ちた人は帰り、残った人はそのまま番宣や雑誌取材ですから。

川上 泣いていた子もいたしね。

──そうして、つかんだ「加藤優」の役ですよね。

直江 役どころは(原作・脚本の)小山内先生とかプロデューサーの柳井さんから教えられました。ただし、「転校してくるんだぞ。不良だぞ」ぐらいにね。八重子との関係では、悟(沖田浩之演じた松浦悟)と優のほのかな三角関係みたいなのがあって。あれ、ホントは八重子がいちばんいけないんだけどね(笑)。

川上 ホント、イライラする(笑)。あれはよくないオンナです。よく見ると、ちょっと腹立たしい。八方美人の典型。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”