エンタメ

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(3)3年B組金八先生・川上麻衣子×直江喜一 その2

20131107p

直江 しかし、優の役作りは大変でしたよ。クライマックスの「放送室立てこもり」の時は、ヒロと2人で先生‥‥武田さんに呼ばれて、「お前ら、大変だぞ。本腰入れてやれよ」って活を入れられた。

──有名な警察に連行されるシーンですよね。ところで、あの「世情」をフルコーラスで流すというアイデアは?

直江 あれはディレクターの生野(慈朗)さんのアイデアです。プロデューサーの柳井さんが出来上がった時にびっくりしたそうですよ。「世情」をフルコーラスで使って、スローモーションになるとは‥‥。柳井さんは「やったな、こいつ」と。いや、これはホメているんですけどね。オレ、あれ見て泣いちゃったもん。しかもかっこいい。あん時ほど、自分をかっこいいと思ったことはなかったもん(笑)。いい顔してるだろうって。飲むと言っちゃうからね。

川上 それと、最終回の謝恩会、あのシーンですよね。みんなドラマの役柄も忘れちゃって泣いちゃうみたいな。というのも、台本にない、生のセリフが入ってくるので。

直江 何人かは終わっちゃうっていう、演技じゃない生の気持ちでわんわん泣いていましたけど。それに対してはディレクターさんに活を入れられてた。「お前ら遊んでんじゃねえ、仕事なんだから。演技しろ!」って。ラストの謝恩会のシーンですが、台本では最後に先生が「また、今度もキミたちのことが大好きになりました。ありがとう」だけのハズだったのに、その前にアレンジを入れてくる。「キミたちは決していい生徒ではなかった。むしろ、悪い生徒だった」というところから始まって、「しかし、悪い生徒の中にこそ、美しい魂が宿っていることを」ってね。

川上 (シリーズ)ファイナルもそうですけど。ラストはリハーサルなしなんですよ。だから、本番で初めて聞くセリフが来て、みんな感情がわーっと‥‥。

直江 それも先生のテクニック。すばらしいですよ。

川上 ホント、武田さんの独特の雰囲気はすごい。教員免許も持ってらっしゃるから説得力があるし、セリフも自分流にアレンジされている。授業なんてもう、武田さんの世界。

直江 独演会だね。

川上 (シリーズ)ファイナルの時も、100人以上もの生徒が集まったんですけど、先生が泣くと生徒も泣くみたいな。ちゃんと、そのリズムは残っていて。洗脳されているんじゃないかというくらい(笑)。武田さんがウルッと声を詰まらせると、生徒も泣く。私だけじゃなくて、他の役者さんも。

直江 オレなんか加藤役での卒業間近の時、よくまどかに言われたもん。「先生みたいだよ」って。多感な時期でもあったし、もう影響されちゃっているんだよね(笑)。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
4
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!