スポーツ

「お嬢様ボートレーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」/波乗り巧者の渡邉雄朗さんが江戸川で激走

 今週はボートレース鳴門(徳島県鳴門市)で「ヴィーナス第22戦なるちゃんバースデー5周年記念」(2月17日【水】~22日【月】)が開催されます。

 東京支部からは石井裕美さん(B1級)を筆頭に8人。同期では野田部宏子(福岡、B2級)と千葉真弥(静岡、B1級)が参戦しますが、そのほかで私が注目するのは、日高逸子さん(福岡、B2級)です。

 昨年9月に3回目のフライングをして、ここが150日に及ぶF休みからの復帰戦。ファンの皆さんも待ちに待ったという思いではないでしょうか。

 実績&テクニックはもちろん、ホレボレとしちゃう肉体美を持つ日高さんが、さらにパワーアップした走りを見せてくれると思いますよ。

 また、ボートレース江戸川(東京都江戸川区)では「3支部ガチ対決シリーズ・第21回日本財団会長杯」(2月20日【土】~25日【木】)が開催されます。

 私の注目は、同期で波乗り巧者の渡邉雄朗さん(A2級)です。雄さんとは1年以上あっせんが一緒になっていないと思いますが、17年に江戸川の「フレッシュルーキー」に一緒に選ばれました。

 当時から荒れ水面を苦にせず、昨年8~10月にかけての3節でも優勝、優出2着、優出2着と好成績。お正月の「第39回新春金盃だるま家カップスタ展10時10分!」は準優戦止まりでしたが、今回はシリーズリーダーとして、うっぷんを晴らしてくれると思います。

     ※

【お嬢への質問コーナー】

Q.お嬢は自分のことを「内面が男性」(サバサバなイメージ)と言いますが、何か具体的なエピソードがあれば教えてください(広島県・Fさん)。

A.女子校の頃から友達に「麗加って中身がオトコよね?」とよく言われていました。でも、そんな場面は覚えていないんですよね。それが男と女の違いなのかさえ、よくわかりません。

 ただ、私自身は過去を振り向かず、サバサバしているとは思います。周囲のことをあまり気にしないし、詮索もしないタイプかな。

 具体例を聞かれると悩みますが、例えば、ブリッ子はしてみたいけど、できない感じですかね?。

 あと、嫌なことがあった場合、その時はすごく悲しくても、翌日には「さあ次、次」と、すぐ前向きになれます(笑)。

      ※

■富樫麗加選手【今後の出場予定】

2/15~2/18 宮島(一般)第13回楽天銀行賞

2/23~2/28 芦屋(G2)第5回レディースオールスター

3/7~3/12 戸田(G3)オールレディース・第52回報知新聞社杯

      ※

 富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。6号艇から3連単20万円オーバーで、穴党を歓喜させた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…