芸能

さんまとマツコは30分番組で大丈夫?TBS、春番組改編の“決断”に心配の声

 本当にこれで視聴率取れるの?テレビ業界関係者がTBSの決断に首をかしげる向きが少なくないという。

 TBSが4月番組改編発表会見を行ったのは、去る2月16日。その印象は、若者層を取り込むための露骨な高年齢層排除の布陣を敷いた、というものだとか。テレビ誌記者が解説する。

「『より多くの家族に届く番組を』が今春の編成方針。改編率は全日帯19.17%、ゴールデン帯32.86%、プライム帯35.36%。これほど大掛かりな改編は7年ぶり。これまでの視聴者中心層を10歳ずつ若返らせ、4歳から49歳に響くラインナップで勝負しようというものです。つまり長年見続けてくれた高年齢者用番組を打ち切り、若向きの番組をとりそろえて勝負に出る作戦。視聴者よりCMスポンサーありきの姿勢が感じられます。ますます高齢化が進む中、CMスポンサーにとって物を買わない、すなわち魅力的でない高齢者ではなく購買欲の高い現役世代向け番組で高視聴率を取り、低迷している営業収入を引き上げようとしているのでしょう。テレビ朝日のように高年齢層に特化した定番重視路線に背をむけ、勝負に打って出るわけです。このあたりの問題はどこの局でも抱えているジレンマで、失敗した時が怖くて手をつけたくてもできないのが現状です。他局はTBSの“決断”をお手並み拝見と注視しているはずですよ」

 長寿番組「スーパーサッカー」「CDTVサタデー」を終了させて、「噂の!東京マガジン」はBS-TBSに異動。朝の帯番組「グッとラック!」を打ち切り、ワイドショーから撤退し、情報バラエティー番組「ラヴィット!」をスタート。バラエティーを増やす一方で既存のバラエティーを移動させ、つかんだ視聴者をとりこぼさないようにしているとみられる。

「意外なのが、日曜夕方6時30分からの新番組『週刊さんまとマツコ』だ。明石家さんまとマツコ・デラックス共演のトークバラエティー。MCの2人のおしゃべりを存分に聞かせる番組のふれこみなのに、まさかの30分番組。2人にしゃべらせるなら、最低1時間は必要なところなのに、スポンサーがつかなかったのかも、なんて勘ぐってしまいます。芸能界の重鎮さんまに気を遣い、言いたいことの半分も言えずにストレスを抱えそうなマツコが心配です。それでなくてもマツコはぎっくり腰になったり、原因不明の目の充血が続いたりで体調もよくないみたい。たとえ数字がよくても、負担にならないか…」(芸能ライター)

 ともあれ、思い切った改革を断行したTBS。4月の番組視聴率ランキングが楽しみだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”
5
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)