女子アナ

フジ久慈暁子、全身純白衣装披露に「天使!」称賛も一部から「辛辣声」のワケ

 内面が評価されないのはやはりあの「不仲イメージ」が影響か?

 フジテレビの久慈暁子アナが2月27日、自身のインスタグラムを更新。全身真っ白コーデで決めた自身の写真を投稿した。久慈アナは同日に放送された「青春アカペラ甲子園!全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦」にアナウンサーチームの一員として出演。コーラスを担当した久慈アナは〈私だけが歌下手で、、、みんなの足を引っ張らないようにしようと隙間時間を使って練習していました〉と出場までにした努力の日々を振り返っている。続けて、《こんな状況だからこそ みんなに「yell」が届きますように…》と、その日の勝負服でのショットをアップして番宣をしている。

 番組には白のセットアップ姿で登場し、同僚アナらとともに出演者たちにも引けをとらない素晴らしいハーモニーを奏で、視聴者を驚かせた久慈アナには「衣装も白だし、天使みたい」「見た目と歌声に癒やされました」「清潔感が半端ないな」など、絶賛の言葉が寄せられている。

 ただ、そういった絶賛コメントが集まっていることがネットニュースで紹介されると、それを見た一部の人々からは「この子って、同期の女子アナと仲悪い子だよね」「見た目は可愛らしいけど、内面は…」「あんまりいいイメージないんだよな。同性には嫌われてそう」などといったマイナスな意見も見受けられている。

「久慈アナは学生時代にモデル事務所に所属し、女性ファッション誌『non-no』の専属モデルを務めていた経歴を持つ文句なしの美女ですが、ただ、昨年4月に放送された『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』では、同期入社である海老原優香アナとの不仲説が話題になりました。不仲説を検証するため、同番組では同期アナが4人で参加する研修現場に隠しカメラを設置していますが、隣りに座った2人ですがいっさい目線も合わせず、久慈アナにいたっては自身の椅子を海老原アナから無理やり遠ざける姿が確認され、スタジオからは悲鳴が上がっていました。この放送以降、見た目は可愛らしいものの、裏ではなかなかえげつないことをしているというイメージが定着し、女子アナファンの好感度はかなり下がり、今でも尾を引いているというのが現状です」(エンタメ誌ライター)

 ちなみに今回出演したアナウンサーチームの中には、久慈アナと因縁の海老原アナは入っていない。単なる偶然か、それとも不仲を配慮してのチーム編成だった!?

(権田力也)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!