芸能

明石家さんまも「敵やない」指摘した「クラブハウス」人気“急失速”のワケ

 タレントの明石家さんまが2月27日、「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。音声SNS アプリ「Clubhouse(クラブハウス)」について「敵やない」と語っている。

 クラブハウスは音声だけで発信したり交流することができるSNSアプリ。「音声版 ツイッター」とも呼ばれ、参加する芸能人も続々と現れていた。

 さんまは以前、同番組で、「あれが流行ってスポンサーがつき始めたら、ラジオのすごいライバルになる」「オレもちょっとクラブハウス、やろうかどうか悩んでるんですよ」とクラブハウスに対し警戒心と興味を示していたが、この日は「安心せえ。クラブハウス、 あれ大丈夫やわ。敵やないわ。一週間だけ盛り上がって、パーンと途切れた感じするな」と、見解を一転させた。

 さらに「ラジオの強敵になるなと思って、この一週間いろいろ様子をうかがってたんですけど。でも、みんな『放ったらかしです』『招待されただけです』っていうので、そうやっとれへんのよね」「でも早いな。先週、オレ『クラブハウス怖いぞ』って言うて。 もう今週に『これ、大丈夫やぞ』って、手応えとしてありますけども」と語った。

「クラブハウスは録画や録音が禁止されており、限られたコミュニティー内での会話が成立するのがウリで、当初、タレントも本音を話せるということで参加していました。しかし、 タレントたちのトーク内容が週刊誌に掲載されたり、動画サイトにタレントの音声が多数投稿されるようになり、このところ下火になってきた印象を受けます。タレントたちも今後は第三者に聞かれることを前提とした活用法を探っていくことになるでしょう」(芸能ライター)

 一時はテレビでもやたらとクラブハウスを取り上げていたが、最近はほぼ皆無で、さんまも言うように急速に勢いが落ちた感が強い。このまま消えていくとすれば、いったいあの騒ぎはなんだったのか…。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング