芸能

菊川怜「下半身話題」で板についてきた“イジられ天然キャラ”

 元祖「東大卒タレント」の菊川怜(35)といえば、その頭の回転のよさを見込まれ、かつて「バンキシャ!」(日本テレビ系)で、メインの福澤朗のサブ司会を務めていた。が、「福澤の突っ込みへのリアクションがイマイチ」(テレビ誌記者)なこともあってか、あえなく降板。時をへて現在は「とくダネ!」(フジテレビ系)で小倉智昭と司会を務めているが、ここでかなりボケキャラに磨きがかかっているという。

 さる11月29日放送の「とくダネ」での菊川と共演者のやり取りを、放送作家が振り返る。

「海外の話題を扱うコーナーで、画面に大人用の下着パンツが大写しになり、男性アナが、菊川にこのパンツはあるものを消す効果があるんですが? という趣旨の質問をした。答えは『オナラのにおい』なんですが、菊川の答え方は、“汚いモノ”を想起させる言い方だった。正解を聞いて、まずここで、決まりの悪い顔をしていましたのが面白かった」

 その後、このパンツは医療用のパンツで、腸の病気などで困っている人のために現地で開発された経緯などが男性アナによって説明された。そんな中で、菊川はさらに、こんなコメントを放った。

「(オナラの)音は消えないんですか?」

 小倉キャスターも含め、出演者も失笑していたが、前出・放送作家はこう評する。

「素朴に聞き返した調子が、まるで、菊川本人が日常大きな音のするおならに悩んでいるのではないか、と思わせ、天然ボケ感がいい味出してました。これも小倉キャスターにもまれる中で育ってきたんじゃないでしょうか。小倉キャスターは、その昔『とくダネ!』のサブ司会に佐々木恭子アナが着任した初回に『東大卒と言っても厳しくやりますよ』みたいに高学歴の若い女性には妙に対抗意識を持っていて、その後、佐々木アナも人気アナに成長しましたからね」

 もともと知識量は豊富で引き出しは多いだけに、今後のタレントとしての「進化」も期待される菊川。ここは、艶聞の1つもスッパ抜かれるなどして、オンナとして一皮むけたところも見せていただきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!