芸能

菊川怜「下半身話題」で板についてきた“イジられ天然キャラ”

 元祖「東大卒タレント」の菊川怜(35)といえば、その頭の回転のよさを見込まれ、かつて「バンキシャ!」(日本テレビ系)で、メインの福澤朗のサブ司会を務めていた。が、「福澤の突っ込みへのリアクションがイマイチ」(テレビ誌記者)なこともあってか、あえなく降板。時をへて現在は「とくダネ!」(フジテレビ系)で小倉智昭と司会を務めているが、ここでかなりボケキャラに磨きがかかっているという。

 さる11月29日放送の「とくダネ」での菊川と共演者のやり取りを、放送作家が振り返る。

「海外の話題を扱うコーナーで、画面に大人用の下着パンツが大写しになり、男性アナが、菊川にこのパンツはあるものを消す効果があるんですが? という趣旨の質問をした。答えは『オナラのにおい』なんですが、菊川の答え方は、“汚いモノ”を想起させる言い方だった。正解を聞いて、まずここで、決まりの悪い顔をしていましたのが面白かった」

 その後、このパンツは医療用のパンツで、腸の病気などで困っている人のために現地で開発された経緯などが男性アナによって説明された。そんな中で、菊川はさらに、こんなコメントを放った。

「(オナラの)音は消えないんですか?」

 小倉キャスターも含め、出演者も失笑していたが、前出・放送作家はこう評する。

「素朴に聞き返した調子が、まるで、菊川本人が日常大きな音のするおならに悩んでいるのではないか、と思わせ、天然ボケ感がいい味出してました。これも小倉キャスターにもまれる中で育ってきたんじゃないでしょうか。小倉キャスターは、その昔『とくダネ!』のサブ司会に佐々木恭子アナが着任した初回に『東大卒と言っても厳しくやりますよ』みたいに高学歴の若い女性には妙に対抗意識を持っていて、その後、佐々木アナも人気アナに成長しましたからね」

 もともと知識量は豊富で引き出しは多いだけに、今後のタレントとしての「進化」も期待される菊川。ここは、艶聞の1つもスッパ抜かれるなどして、オンナとして一皮むけたところも見せていただきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々