芸能

手塚理美、世間を騒がせた事件な完脱ぎ/「青天を衝け」女優の艶場面(4)

 吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」。1年間、どんな感動を我々に届けてくれるのか楽しみだ。脇を固める女優陣を見てみると、いずれも“ベッドシーン上手”あるいは“脱ぎ上手”な実力派の美女ばかり。彼女たちの活躍がドラマを盛り上げてくれるに違いない。

 吉沢演じる主人公・渋沢栄一の伯母、尾高やへを演じているのは、手塚理美。2000年代は女優としての仕事をセーブ気味だったが、16年から本格的に再開させ、最近は、短いグレーの髪にノーメイクというナチュラルなライフスタイルも注目されている。ただ、デビュー当時は“事件な完脱ぎ”で世間を騒がせたこともあった。

 ジュニアモデルとして、またアイドル歌手として注目された彼女は、1981年にマッパをさらけ出した写真集「少女だった」を発表し、本格女優へと歩みを始めると、翌年にはNHK朝ドラ「ハイカラさん」のヒロインに抜擢。人気女優へと駆け上がったのだが、なんとその放送中に、またもや写真集「四色の花火」を発表し、生まれたままの姿をさらけ出したのだ。

「『少女だった』は、まさに少女から女に変わる瞬間を切り取ったような、清楚なイメージを崩さない美しい作品でした。バストはまだ膨らみきっていないようにも見える、推定Cカップ。キレイなお椀型で、この少女がこれから男を知るのだろうと考えると、たまらなくイヤラしく見えてくる、記憶に残る名作といえる一冊です。一方、『四色の花火』は対照的で、かなり攻めたポーズや表情が多く、すでに男を知った“性”の匂いが色濃く漂う作品。これを朝ドラ放送中に発売したのは、1年をかけて撮影したというカメラマンの篠山紀信氏による仕掛けだったようですね」(出版関係者)

 今度は大河放送中に大胆脱ぎを発表したら大反響は必至!?

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】