スポーツ

藤田菜七子を超えられるか?5年ぶりJRA女性騎手2人を徹底分析!

 3月6日、女性騎手が2人、5年ぶりにデビューする。永島まなみ(18歳、栗東・高橋康之厩舎)と古川奈穂(20歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 残念ながら無観客でのデビューとなるが、藤田菜七子の成功で注目度は高い。そこで、期待も込めて今後を占ってみよう。

「藤田はデビューした年に6勝したので、ひとまずそれをクリアできるかが非常に重要です。超えられないようだと、先々不安。というのも、19年3月から女性騎手は平場において斤量面で優遇されているからです。50勝以下の見習い騎手は男性が3キロ減なのに対し、女性は4キロ減。また、見習いを卒業しても永続的に2キロ減で騎乗することができる。これは藤田のデビュー時と比べると大きなメリット。それだけに、最低でも7勝はしたい」(スポーツ紙・競馬記者)

 当然のことながら、2人とも斤量面で優遇されていることを意識している。永島が「減量の恩恵を生かして、積極的な競馬をしたい」と言えば、古川も「スタートを決めて前々で競馬をしたい」と述べているのだ。

 成功するためには周囲のバックアップが欠かせないが、その点では、昨年リーディングを獲った矢作厩舎に所属している古川のほうが有利と言える。

 矢作厩舎といえば、馬の出走回数が多いことでも知られるので、騎乗機会も少なくはないだろう。幸いなことに、厩舎の先輩・坂井瑠星はサウジカップからドバイ国際競走へと向かい、不在。その分、古川へ騎乗機会が回ってくるはずだ。騎手候補生時代に模擬レースを連勝した力を、存分に発揮する絶好のチャンス。矢作師も「まずはスタートの巧さを生かして頑張ってもらいたい」と語り、楽しみにしている。

 一方の永島が所属する高橋厩舎は、通算77勝という開業8年目の厩舎。これまでの年間最多勝利は開業2年目の15勝で、厩舎力自体はたいしたことはない。ただ、初弟子を抱えたことで、厩舎全体に闘志がみなぎっているようだ。

「高橋調教師は以前からたびたび競馬学校に足を運び、直接アドバイスしていました。厩舎には女性スタッフが3人いて、後押ししてくれる。所属馬の多くが個人馬主なので、協力を得るのも難しくないはず。藤田にDr.コパという気概のある馬主のバックアップがあったように、永島にもそういう馬主が付いたらしめたものでしょう」(前出・競馬記者)

 果たして2人は“第二の藤田菜七子”になれるのか。その結果は、夏の終わり頃にはハッキリすることだろう。(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ