芸能

女子アナ「消せない黒歴史」<「発掘“恥”お宝」編>TBS・皆川玲奈の「男とベッドイン」ドラマ映像

 この道を志すほどの向上心を持ち合わせているのだから、入社前から肌を見せることもいとわない活動歴も散見される。ニュース原稿も読む今となってはこっ恥ずかしい、お宝を発掘しよう。

 ミスコンをステップアップにアナウンサー、というのは今でも定番コースとなっている。

 大学時代に数々のミスコンに出演していた堀井美香アナ(49)=TBS=は、その筆頭だろう。

「原稿執筆で何回『ミスコン荒らし』と書いたかわからないほどです。セクシーなハイレグ水着を着用していましたね」(丸山氏)

 実は、細いV字の股間に「怪しい筋」が浮かんだ写真も流出している。

 04年に「全日本国民的美少女コンテスト」で本選に進出したり、08年の「ミス日本」で最終候補者にまで残ったフジの細貝沙羅アナ(34)も同様のタイプだった。竹下氏がしきりに悔しがる。

「08年に行われた『ミス慶應』の審査中、彼女が身に着けていたワンピースが超ミニだった。不意に見えたピンクのパンティーが目に焼き付いています。あれだけの美貌を誇りながら、彼女は局内で年配スタッフに取り入るようなコビ売りができず、16年から人事部に移動してしまったのは残念です」

 TBSの山形純菜アナ(26)とテレ朝の下村彩里アナ(26)はともに、16年の「ミス・インターナショナル」日本大会に出場した。

「山形アナはビキニ姿で抜群のスタイルを見せつけ、ミスに輝きましたが、ドヤ顔ポーズを今、本人が見たら顔を背けるでしょう。一方の下村アナは3位に終わっていますが、やはりドヤ顔ポーズでした」(丸山氏)

 学生時代、「旭化成グループキャンペーンモデル」を務めていたのは、フジの久慈暁子アナ(26)だ。

「当時のグラビア撮影では、紐ビキニで小尻を見せつけ、プールサイドに寝転んでは推定Bカップの谷間をグイグイと強調していました」(竹下氏)

 同じくフジでは、宮澤智アナ(31)が「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で、横浜地区代表に選出されている。

「大学時代はホリプロに所属して『あおぞら』というDVDもリリースしています。かなりセクシーな開脚ポーズで撮影されていました。現在の硬派なイメージからしたら、捨て去りたい過去でしょう」(丸山氏)

 学生時代の芸能活動は皆川玲奈アナ(29)=TBS=も活発だった。11年にはドラマ「新・警視庁捜査一課9係season3」(テレ朝系)に出演し、お宝艶技を披露している。

「出会い系サイトで知り合った男とベッドインし、扇情的な純白の下着姿を拝ませてくれましたね」(丸山氏)

 今となっては封印したい写真、動画も、全ては美女アナたちの黒歴史である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】