芸能

深田恭子 映画「ルパンの娘」撮影で痩せすぎても豊満バストは健在!

 今年のカレンダー表紙をセパレートの水着姿で飾った深田恭子(38)。アラフォーでも出し惜しみなしの深キョンボディは健在‥‥のはずが、急変しているというのだ。

「今日はドレスを着させていただきました」

 3月4日、キリン「午後の紅茶」の35周年アンバサダー就任会見に現れた深キョン。一昨年からCMに起用されているが、この日の艶っぽさは尋常ではなかった。会見に参加したレポーターが興奮気味に証言する。

「壇上に登場した深キョンはノースリーブの純白ドレス姿。裾は金色のヒールが隠れるほどの長さでしたが、横向きになると脇に開いたスリットからはチラチラと真っ白いふくらはぎがのぞいて実に色っぽいのなんの。もちろん、ドレスの胸元がこんもり浮き上がる豊乳シルエットまで拝むことができました」

 おっぱいボーンは健在!年齢を超越した神々しさで女神降臨の大騒ぎなのだ。

「でも気になったのは、深キョンの激痩せぶりです。顔の顎のラインが以前よりシャープになり、ウエスト周りやドレスから剥き出しになっている二の腕もほっそりするなど激変していました」(前出・レポーター)

 どうにも、細キョン化は気になる。とはいえ、この商品以外にも、タケダ「アリナミンA」や、深キョンの生歌が聴けるメナード化粧品「フェイシャルサロン」など、CMで見ない日はないほどの活躍ぶりだ。

 ワイドショー芸能デスクが太鼓判を押す。

「昨年のCM出稿量は米倉涼子、橋本環奈などに次いでベスト5入りしている。特に永野芽郁、多部未華子と共演中の『UQモバイル』のCMのビジュアルが圧倒的です。昨年秋からも横浜ゴム『ヨコハマタイヤ』、ユニクロ『スマートパンツ』のCMも加わり、まだまだ圧倒的なビジュアル力で人気に衰えはありません」

 そんな渦中に魅惑のボディが激変したとなれば、これは一大事のはずだ。いったい何が起きているというのか。民放ドラマのプロデューサーが打ち明ける。

「原因は、現在撮影中の映画『ルパンの娘』(東映)です。すでに2回、テレビドラマとして放映したシリーズの映画化ですが、毎回激しいアクションシーンがあるため、着用する泥棒スーツを特注しています。しかし、前回のドラマでは事前に採寸したにもかかわらず、そのサイズの特注スーツを実際に着用する時点でムチムチになってしまった。これに懲り、ルパンの前には気合いを入れてジム通いとダイエットに励んだようです」

 もともとコスプレ好きな深キョンだけに、ダイエットに力が入りすぎてしまったようで、

「コロナ禍の状況もあり、映画の公開日などは未定です。とはいえ、映画の公開に合わせて写真集の発売も予定されている。写真集は年に1冊のペースで発売している深キョンですが、ここ数年はハワイでサーフィンするなど、ビキニ水着が大勢を占めていました。それが今年の写真集は“痩せ巨乳”という初のジャンルで深キョンが見られるかもしれません」(前出・ワイドショー芸能デスク)

 コロナ終息を願いつつ、リバウンドするのは深キョンだけにしてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン