芸能

吉岡里帆、「レンアイ漫画家」演技に「ゾワゾワする」「あのドラマの再来?」指摘!

 デビュー前は小劇場の舞台で演技力を磨いていたという経歴の吉岡里帆。放送中のドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)ではコメディエンヌとしての資質が問われており、ネット上では「歩いてバストを揺らしているだけ」「男性視聴者向けの走るシーンが目立つ」などの手厳しい声も少なくない。

 中でも「吉岡の“演技してます感”がどうにも受け付けない」「コメディは役者がシリアスに演じるから笑えるのに、吉岡の“さあ笑ってください感”にゾワゾワする」といった指摘は、吉岡のこれからの「女優人生」を左右する貴重な声かもしれない。

 吉岡演じるあいこは、鈴木亮平演じる、「高校時代に好きだった先輩」の兄で漫画家の清一郎からのミッションに従い、疑似恋愛をして報酬をもらう契約したアラサー女性という設定だ。

「その吉岡が、全編を通じて『これはコメディですよ』と言わんばかりに、口角を上げて大げさに演技しているため、そこに違和感を覚える視聴者がいるようです。オダギリジョー主演の人気ドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)の第3シーズンにあたる2019年放送の『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)に、吉岡は新メンバーとして加入しましたが、この時もコメディを意識しすぎた『演技してます感』や『さあ笑ってください感』が指摘されていました。吉岡がこれまでに『ごめん、愛してる』『きみが心に棲みついた』(いずれもTBS系)や『健康で文化的な最低限度の生活』(フジ系)でそれぞれ演じてきたキャラクターのように普通に演じたほうが、受け入れられるのではないでしょうか」(芸能事務所関係者)

“あざとかわいい”バストの大きな女優として評価されるより演技力で評価される女優になりたいのであれば、吉岡は考えを変える必要があるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは