スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「アドマイヤハダルが混戦に断」

 牡馬クラシック第一弾、皐月賞が今週のメインだ。フルゲート18頭に対して18頭が登録。今年の顔ぶれもなかなかである。

 トライアルの弥生賞ディープインパクト記念の覇者タイトルホルダー、スプリングS勝ちのヴィクティファルスはもちろんのこと、ホープフルSを制した2歳王者ダノンザキッド、土つかずの3連勝馬エフフォーリア、京成杯を完勝し、満を持すグラティアス、きさらぎ賞馬ラーゴムほか、いずれも高い能力を秘めた素質馬が一堂に会する、ハイレベルの豪華版クラシックと言っていいだろう。

 目移りしてしまうが、近年はここで勝ち負けしてダービーも、という馬が多くなっている。ネオユニヴァース(03年)、ディープインパクト(05年)、メイショウサムソン(06年)、オルフェーヴル(11年)、ドゥラメンテ(15年)、そしてコントレイル(20年)といった大物に連なるのはどの馬か。

 とにもかくにも、各馬の力量を見極めるのが大切だが、今年もハイレベルで拮抗しており、一歩抜けた馬をこの粒ぞろいの中から絞り切るのは、容易ではない。

 それだけに、結果はともかく、最後の直線での攻防は、激しくも見応え満点になること請け合いだ。

 まずは過去のデータをみてみよう。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は7回(馬連は5回)。この間、1番人気馬は6勝(2着3回)、2番人気馬はわずか1勝(2着4回)のみ。

 こうしてみてみると、今後、名を成していく期待馬が勝っている一方、1、2番人気馬では7勝しか挙げていない。意外に波乱の目も十分あるGI戦と言ってよさそうだ。

 当初はホープフルSで2着したオーソクレースの力がわずかながら一枚上とみていたが、1週前の追い切りを前にして軽い脚部不安が発覚、回避してしまった。本当に悩ましいばかりである。

 ハイレベルの混戦模様の中、穴党として最も期待を寄せてみたいのは、アドマイヤハダルだ。

 前走の若葉Sは強いの一語。2番人気ではあったが、好位につけて直線楽に抜け出す快勝劇だった。相手関係もあったが、楽勝と言っていいだろう。しかも3カ月ぶりの実戦で、少々余裕残しの仕上がり状態。それでいてワンサイドゲームだったのだから、いかにモノが違っていたかということだ。

 冬場しっかりとリフレッシュしたのがよく、地力強化され、一度使われたことで大きく良化。この中間もとにかく順調で、陣営の思惑どおりの調整ができている。

「ここにきて、さらにたくましくなって本当に雰囲気がいい。まだ成長の余地は十分だが、前走以上の状態で臨めそう。楽しみ」

 と、厩舎関係者が口をそろえるほど。1週前の追い切りはリズミカルで、出走態勢は、ほぼ万全と捉えてよさそうだ。

 叔母は宝塚記念などGI3勝の女傑スイープトウショウで、勝負根性、レースセンスを兼ね備えており、チャンスは十分。混戦に断を下すのはこの馬だ。

 逆転候補として狙ってみたいのは、イルーシヴパンサーである。1勝クラスなのに出走することができた運は大きいだろう。

 前走のスプリングSでも注目していたが、4着止まり。それでも勝ち馬との差はコンマ5秒だった。道悪が響いたものとみており、良馬場なら巻き返しは十分可能。チャンスは大いにあるとみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは