スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「アドマイヤハダルが混戦に断」

 牡馬クラシック第一弾、皐月賞が今週のメインだ。フルゲート18頭に対して18頭が登録。今年の顔ぶれもなかなかである。

 トライアルの弥生賞ディープインパクト記念の覇者タイトルホルダー、スプリングS勝ちのヴィクティファルスはもちろんのこと、ホープフルSを制した2歳王者ダノンザキッド、土つかずの3連勝馬エフフォーリア、京成杯を完勝し、満を持すグラティアス、きさらぎ賞馬ラーゴムほか、いずれも高い能力を秘めた素質馬が一堂に会する、ハイレベルの豪華版クラシックと言っていいだろう。

 目移りしてしまうが、近年はここで勝ち負けしてダービーも、という馬が多くなっている。ネオユニヴァース(03年)、ディープインパクト(05年)、メイショウサムソン(06年)、オルフェーヴル(11年)、ドゥラメンテ(15年)、そしてコントレイル(20年)といった大物に連なるのはどの馬か。

 とにもかくにも、各馬の力量を見極めるのが大切だが、今年もハイレベルで拮抗しており、一歩抜けた馬をこの粒ぞろいの中から絞り切るのは、容易ではない。

 それだけに、結果はともかく、最後の直線での攻防は、激しくも見応え満点になること請け合いだ。

 まずは過去のデータをみてみよう。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は7回(馬連は5回)。この間、1番人気馬は6勝(2着3回)、2番人気馬はわずか1勝(2着4回)のみ。

 こうしてみてみると、今後、名を成していく期待馬が勝っている一方、1、2番人気馬では7勝しか挙げていない。意外に波乱の目も十分あるGI戦と言ってよさそうだ。

 当初はホープフルSで2着したオーソクレースの力がわずかながら一枚上とみていたが、1週前の追い切りを前にして軽い脚部不安が発覚、回避してしまった。本当に悩ましいばかりである。

 ハイレベルの混戦模様の中、穴党として最も期待を寄せてみたいのは、アドマイヤハダルだ。

 前走の若葉Sは強いの一語。2番人気ではあったが、好位につけて直線楽に抜け出す快勝劇だった。相手関係もあったが、楽勝と言っていいだろう。しかも3カ月ぶりの実戦で、少々余裕残しの仕上がり状態。それでいてワンサイドゲームだったのだから、いかにモノが違っていたかということだ。

 冬場しっかりとリフレッシュしたのがよく、地力強化され、一度使われたことで大きく良化。この中間もとにかく順調で、陣営の思惑どおりの調整ができている。

「ここにきて、さらにたくましくなって本当に雰囲気がいい。まだ成長の余地は十分だが、前走以上の状態で臨めそう。楽しみ」

 と、厩舎関係者が口をそろえるほど。1週前の追い切りはリズミカルで、出走態勢は、ほぼ万全と捉えてよさそうだ。

 叔母は宝塚記念などGI3勝の女傑スイープトウショウで、勝負根性、レースセンスを兼ね備えており、チャンスは十分。混戦に断を下すのはこの馬だ。

 逆転候補として狙ってみたいのは、イルーシヴパンサーである。1勝クラスなのに出走することができた運は大きいだろう。

 前走のスプリングSでも注目していたが、4着止まり。それでも勝ち馬との差はコンマ5秒だった。道悪が響いたものとみており、良馬場なら巻き返しは十分可能。チャンスは大いにあるとみた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ