社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<変形性膝関節症>軟骨移植が不要な画期的療法があった

 加齢で症状を訴える人が増えているのが膝の痛み。中でも一番多いのが「変形性膝関節症」だ。筋肉量の低下などにより、関節のクッションである軟骨がすり減って痛みが生じるという。時間をかけて症状が進行し、一度すり減った軟骨は元に戻らないので、早めの治療が重要になってくる。

 一般的に整形外科を受診すると、ヒアルロン酸ナトリウム注射、ステロイド、鎮痛剤等を使用して、リハビリテーションや、靴に入れる治療用の足底板(インソール)の作成などの保存治療が行われる。改善しない場合は、O脚に変形した足をX脚に変える手術「骨切り術」を行う場合もある。

 最近では、膝の軟骨の移植も不要で体の負担も少ない、画期的な治療体制も進んでいる。それが「PRP(多血小板血漿)療法」と「APS療法」だ。どちらも自分の血液を使う再生医療で、注目を浴びている。

「PRP療法」は、自分の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ、組織修復能力を利用して自然治癒を目指す治療法で、皮膚科の難治性皮膚潰瘍や床ずれ、やけどなどの皮膚組織の再生促進に使われてきた手法だ。整形外科分野に応用し、現在では「変形性膝関節症」による膝の痛みや炎症、アキレス腱の炎症などの治療にも使われている。

 この「PRP療法」を、さらに遠心分離処理をして特殊加工をすることで、軟骨を守る成長因子などを高密度に抽出した治療法が「APS療法」である。自身の血液から作成した「APS」を膝関節内に注射する。

 ステロイド剤を使わない、新しい治療法として期待度は高いが、保険適用外の自由診療という点がネックになっている。膝の痛みには様々な治療選択肢があるので、自分に合った療法を選んでみてはいかがだろうか。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美